• サンドイッチの王道「玉子サンド」。オーソドックスな一品に、新しい風を吹き込みます。 家庭でつくる玉子サンドは、ゆで卵をつぶし、マヨネーズであえたものをはさみます。もちろん今回も、基本はこちらのタイプ。とはいえ “研究” ですから、ありきたりのものだけでは許されません。玉子のおいしさ七変化を、ぜひ、お楽しみください。今回は、基本の玉子サンドをはじめ、6つのバリエーションを、著書『ぱんぱかパン図鑑』を電子書籍で復刊したばかりの金子健一さんに紹介してもらいます。
    (『天然生活』2014年9月号掲載)
    画像: 玉子サンド19種類の分布図。 混ぜて、焼いて、くるくる巻いて。玉子とパンの黄金コンビが生む豊かな味のバリエーションを、ぜひ、お楽しみください。 <『ぱんぱかパン図鑑』より>

    玉子サンド19種類の分布図。 混ぜて、焼いて、くるくる巻いて。玉子とパンの黄金コンビが生む豊かな味のバリエーションを、ぜひ、お楽しみください。
    <『ぱんぱかパン図鑑』より>

    * 基本のフィリングのつくり方

    画像: * 基本のフィリングのつくり方

    材料

    ● ゆで卵……1個
    ● マヨネーズ……大さじ1
    ● きび砂糖……小さじ1/2
    ● 塩……ひとつまみ
    ● 粗びき黒こしょう……少々

    つくり方

     ゆで卵1個をフォークで細かくつぶし、マヨネーズ大さじ1、きび砂糖小さじ1/2、塩ひとつまみ、粗びき黒こしょう少々を合わせる

    8枚切り食パンで
    基本の玉子サンド

    砂糖を少しだけ入れた、ほんのり甘めの基本形。

    画像: 8枚切り食パンで 基本の玉子サンド

    材料とつくり方

     基本のフィリング(*)をつくる

    画像1: 材料とつくり方

     8枚切り食パンの耳を落とし、片面に常温でやわらかくしたバター少々をぬり、フィリングをサンドし、半分に切る

    ロールパンで
    豆乳玉子サンド

    豆乳を入れたフィリングは、あっさり軽めの仕上がり。

    画像: ロールパンで 豆乳玉子サンド

    材料とつくり方

     基本のフィリング(*)のマヨネーズを豆乳大さじ1にしてフィリングをつくる

    画像2: 材料とつくり方

     ロールパン1個の中央に切り込みを入れて、断面に常温でやわらかくしたバターを薄くぬり、サラダ菜1枚とフィリングをはさむ

    4枚切り食パンで
    ポケット玉子サンド

    トーストするだけで、食べごたえありのサンドに。

    画像: 4枚切り食パンで ポケット玉子サンド

    材料とつくり方

     4枚切り食パン1枚を半分に切り、それぞれ断面から切り込みを入れてポケット状にし、基本のフィリング(*)を詰める

    画像3: 材料とつくり方

     トースターで1分30秒〜2分焼く

    8枚切り食パン2枚で
    シャキシャキ玉子サンド

    なめらかフィリングに、食感でリズムをつけて。

    画像: 8枚切り食パン2枚で シャキシャキ玉子サンド

    材料とつくり方

     基本のフィリング(*)に玉ねぎ(みじん切り)20g、きゅうり(みじん切り)15gを加える

    画像4: 材料とつくり方

     8枚切り食パン2枚は耳を落として、それぞれ片面に常温でやわらかくしたバターを薄くぬる

     フィリングをぬってサンドし、斜め半分に切る

    イングリッシュマフィンで
    半熟スクランブルエッグサンド

    ケチャップ味がどこか懐かしい、チーズ入りの半熟サンド。

    画像: イングリッシュマフィンで 半熟スクランブルエッグサンド

    材料とつくり方

     溶き玉子1個分にマヨネーズ大さじ1、ちぎったカマンベールチーズ15g、塩、粗びき黒こしょう各少々を混ぜ合わせて、半熟のスクランブルエッグをつくる

     厚さ半分に切ったイングリッシュマフィン1個にマヨネーズを薄くぬり、スクランブルエッグをのせ、トマトケチャップを適量かけてサンドする

    イギリスパン2枚で
    ヨーグルト玉子サンド

    ほのかなヨーグルトの酸味でさわやかな味わい。

    画像: イギリスパン2枚で ヨーグルト玉子サンド

    材料とつくり方

     基本のフィリング(*)のマヨネーズ、きび砂糖を、ヨーグルト大さじ1、はちみつ小さじ1/3、オリーブオイル小さじ1/2に替えてフィリングをつくる

    画像5: 材料とつくり方

     イギリスパン2枚を半分にカットしてトースターで2分焼き、それぞれ片面に常温でやわらかくしたバターを薄くぬる

     それぞれにフィリングを満遍なくぬってサンドする



    <料理/金子健一(つむぎや) 撮影/有賀傑 取材・文/福山雅美>

    金子健一(かねこ・けんいち)
    料理家。1974年神奈川県横浜生まれ。学生時代、和食店でのアルバイトがきっかけで調理師免許を取得。コピーライターを経てパン職人の道へ。東京・中目黒、原宿で愛されていたパン屋「オパトカ」の店長としてメニュー開発にも携わる。そののち、2005年にマツーラユタカとともにフードユニット 「つむぎや」を結成。ケータリング、イベント、雑誌へのレシピ提案など幅広く活躍している。2017年に妻の地元長野県松本市に拠点を移し、ご縁のある農家さんのお野菜などを中心に旬を味わう食堂「Alps gohan」をオープン。『あっぱれ!おにぎり』(金園社)、『和食つまみ100』(主婦と生活社)、『お昼が一番楽しみになるお弁当』(すばる舎)など著書多数。2020年1月22日に著書『ぱんぱかパン図鑑』が電子書籍で復刊したばかり。
    Alps gohan Instagram @alps.gohan

    天然生活の本『ぱんぱかパン図鑑』(金子健一 ・著)
    天然生活の本
    『ぱんぱかパン図鑑』(金子健一 ・著)

    天然生活の本『ぱんぱかパン図鑑』(金子健一 ・著)

    電子書籍版
    扶桑社より発売中

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    This article is a sponsored article by
    ''.