• 昔から、大切に受け継がれてきた、四季折々の家仕事は、理にかなった、先人たちの知恵の結晶です。今回は、「よもぎ茶」のつくり方を、画家で料理家の藤田みどりさんに教わります。
    『家仕事ごよみ』より

    よもぎ茶 三月から五月

    幼いころ、春先、土手や野原で、よもぎの若芽摘みを楽しんだ人も多いのではないでしょうか?

    よもぎには、独特の香りがあり、おなじみの草餅の材料として使われるのはもちろん、古くから生薬として、食べる、飲む、つかる、香りをかぐ、もぐさにするなど、万能薬として珍重されてきました。藤田みどりさんも、毎春、おかゆや天ぷらのほか、お茶にして楽しんでいます。

    「薬効成分豊富なよもぎはお茶にして飲用すると解毒作用があり、冷え性、生理痛の改善などに効果があるとされています。乾燥後、から炒りすると香りがよく仕上がります。春の野草特有の、少し苦味のある味わいは体を目覚めさせてくれるようで、クセになります」(藤田みどりさん)

    用意するもの

    ● よもぎ

    つくり方

     よもぎは、葉の根元の汚い部分を取り除き、水でよく洗う。

    画像1: つくり方

     大きいものはざく切りにし、日なたに2〜3日、干す。そのあと、フライパンでから炒りする。

    画像2: つくり方

     急須によもぎ茶を入れ、熱湯を注いでいただく。土瓶などで1〜2分、煮出すと、よもぎの香りがより楽しめる。

    画像3: つくり方

    <文/野上郁子(オフィスhana) イラスト/赤井稚佳>

    藤田みどり(ふじた・みどり)
    料理家、画家。多摩美術大学絵画科卒業。英国王立園芸協会会員、北鎌倉湧水ネットワーク幹事、日本美術家連盟会員。北鎌倉の豊かな自然とひと続きの「台所」から生まれるおいしいレシピが人気。著書に『北鎌倉のお庭の台所』(主婦の友社)がある。


    This article is a sponsored article by
    ''.