• 『天然生活』誌上に、2014年8月号から2016年2月号まで掲載された、人気連載「長谷川弓子 季節の魚料理」。その中から「まぐろ」を使った料理を紹介します。今回は、相性ぴったりの「辛子酢味噌あえ」をつくります。
    (『天然生活』2015年6月号掲載)

    まぐろ 旬 3~6月

    画像: まぐろ 旬 3~6月

    ものの本では、春から初夏にかけてが旬というまぐろ。でも、家庭では一年を通じていただくことの多い魚として、とても人気がありますね。

    「季節の魚料理」では、まぐろの赤身を使い、刺し身用のさくを、生ではなくて、ひと手間加えて料理をしてみました。

    今回は、まぐろの表面だけを霜降りにし、切って辛子酢味噌と合わせた、あえもの。庄内あさつきがなければ、わけぎでもいいでしょう。まぐろを角切りにすれば、また違う食感を味わっていただけるはずです。

    酢味噌は食べる直前にあえるのがポイントです。

    まぐろの辛子酢味噌あえ

    ピリリと辛味の効いた酢味噌とぴったり。まぐろのほかに、たこやいかでもおいしくつくれます。

    画像1: まぐろの辛子酢味噌あえ

    材料(2人分)

    ● まぐろ(刺し身用)1/2さく(100g)
    ● わかめ(水でもどしたもの)20g
    ● 庄内あさつき50g
    ● A
    ・白味噌40g
    ・砂糖小さじ1
    ・酢大さじ2
    ・水辛子(*)小さじ1
    ● あれば紅たで少々

    *水辛子とは、粉辛子を同量の熱湯で溶き、かたく練って辛味を出してから、少量の水を加えてゆるめたもの。

    つくり方

     まぐろは塩ひとつまみ(分量外)を入れた熱湯で霜降りにし、氷水で冷ます。キッチンペーパーなどで水けをふき、1.5cm角に切る。

     わかめは熱湯でさっとゆで、ざるにあげて冷ます。あさつきは、熱湯に塩ひとつまみ(分量外)を加えた中に入れて30秒ほどゆで、ざるなどにあげて冷ます。それぞれ3〜4cm長さに切る。

     小鍋にAの水辛子以外を入れ、一度よく混ぜてから火にかけ、つやが出るまで弱火で練る。火からおろして冷まし、水辛子を加えて酢味噌をつくる。

     ボウルにを入れ、を様子をみながら加えてあえる。器に盛りつけ、紅たでを上に散らす。



    <料理・スタイリング・文/長谷川弓子 撮影/川村 隆>

    画像2: まぐろの辛子酢味噌あえ

    長谷川弓子(はせがわ・ゆみこ)
    東京都出身。料理家、栄養士。明治大学卒業後、社会人経験をしたのち、近茶流宗家・柳原一成氏、柳原尚之氏に師事し、日本料理を学ぶ。現在、聖徳大学短期大学部専任講師として、調理実習等を担当する。とくに好きな魚はあじ。「海に囲まれた国に生まれたからには、ぜひ、魚料理に親しんでいただければ」

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    This article is a sponsored article by
    ''.