• 本格的なスパイスを使って元気な体をつくりませんか。マバニ・マサコさんに、日本でもおなじみの 「バターチキン(チキンマカニ)」 のつくり方を教えていただきます。

    バターチキン(チキンマカニ)のつくり方

    日本でもおなじみのバターチキン。これはインドのデリーで生まれたといい「チキンマカニ」とも呼ばれています。

    トマトベースの、バターとクリームが入った濃厚でなめらかなソースに、十分にスパイスでマリネした鶏肉を加えて作ります。

    私はこれを作るときには、鶏肉のマリネだけを倍量作って、半分はバターチキンに、残りの半分は焼いて 翌々日の1品としてしまいます。

    焼いたものはサンドイッチにしても美味しいですし、毎日のご飯のおかずとしても喜ばれますよ。

    できあがり

    画像: できあがり

    材料(つくりやすい分量)

    ● 鶏胸肉500g(大きめの2口大に切る)
    ● A
    ・レモン果汁小さじ1
    ・水切りヨーグルト大さじ3
    ・生姜・ニンニク各大さじ1
    ・ターメリック小さじ1/4
    ・ガラムマサラ小さじ1
    ・カスリメティ小さじ1/4
    ・塩小さじ1/8
    ● ギー又はバター(食塩不使用)大さじ2
    ● B
    画像1: マバニ・マサコの本格スパイス料理|バターチキン(チキンマカニ)
    (ホールスパイス)
    ・ベイリーフ1枚
    ・乾燥赤唐辛子2本
    ・クローブ3個
    ・カシアバーク 又はシナモン5cm
    ● 玉ネギ大1/2個(みじん切り)
    ● チリパウダー小さじ1
    ● トマト大2個(みじん切り/200mlカップで2.5カップ分)
    ● C
    画像2: マバニ・マサコの本格スパイス料理|バターチキン(チキンマカニ)
    ・クミンパウダー小さじ1/2
    ・ガラムマサラ小さじ1
    ・カスリメティ小さじ1/4
    ・香菜大さじ1強(みじん切り)
    ・生クリーム100ml
    ・カシュナッツペースト(カシュナッツ15個+水大さじ3をブレンダーでペーストに)
    画像3: マバニ・マサコの本格スパイス料理|バターチキン(チキンマカニ)
    画像4: マバニ・マサコの本格スパイス料理|バターチキン(チキンマカニ)
    ・塩小さじ1

    つくり方

     鶏肉とをボールに入れて混ぜ、冷蔵庫で最低でも2時間以上つけおく(前日から漬け込んでおくとより美味しい) 。

    画像1: つくり方

     厚手の鍋に油とを入れ弱めの中火で温める。

    画像2: つくり方

     赤唐辛子が膨らんできたら、玉ネギを加え混ぜながら加熱する。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方

     玉ネギが柔らかくなり角が茶色くなってきたら火を止め、チリパウダーを加えよく混ぜる。

    画像5: つくり方

     チリパウダーが油と馴染んだらトマトを加え弱めの中火で混ぜながら加熱する。

    画像6: つくり方

     トマトの水分が飛びペースト状になったら、も加え混ぜながら2分ほど加熱する。

    画像7: つくり方
    画像8: つくり方
    画像9: つくり方
    画像10: つくり方
    画像11: つくり方
    画像12: つくり方

     スパイスの香りが立ってきたら火を止め粗熱を取り、ブレンダーでスムーズなソースにする。

    画像13: つくり方

     を鍋に戻し、つけ置いた鶏肉とヨーグルトも全て加え、弱めの中火で加熱し沸騰したら蓋をして10分ほど加熱する。

    画像14: つくり方
    画像15: つくり方

    上手に作るために:
    バターチキンを美味しく作るコツは甘みと酸味のバランスをよくすることです。そのために発酵が進んで酸味の強すぎるヨーグルトや、若くて酸味の強いトマトを使うと酸っぱくなってしまうので気をつけて。

    ◇ ◇ ◇

    マバニさんの自家製ギー

    画像1: マバニさんの自家製ギー

    遮光瓶に入れて保存します。

     

    Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.


    〈料理/マバニ・マサコ 撮影/林 紘輝〉

    画像2: マバニさんの自家製ギー

    マバニ・マサコ
    インド料理・スパイス料理研究家。嫁ぎ先で継承されてきたインドのアーユルヴェーダ的考えを取り入れながら、素朴なスパイス使いと癒される味を日本の家庭に紹介している。著書に『いちから始めるインドカレー』(柴田書店)ほか。新著製作中。Instagramでは日々の料理をUP。

    ◇ ◇ ◇

    オススメのスパイス屋さん

    アンビカベジ&ヴィーガンショップ蔵前
    〒111-0051
    東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス 1F
    営業時間:11:00~20:00
    年中無休(年末年始を除く)
    都営浅草線「蔵前駅」または、都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分



    This article is a sponsored article by
    ''.