• 一晩漬け込んで、ビールなどのお酒にもぴったりなスパイシーなフライドチキン。ご飯に合わせたおかずにも、いつもと一味違う鶏の唐揚げとしてお箸の止まらない一品です。

    マバニ家の「スパイシーフライドチキン」のつくり方

    数あるスパイスの中でも、手に入りやすいお馴染みのものでつくれます。前日に漬け込んでおけば、あとは粉をまぶして揚げるだけ

    これからの暑い季節、お酒のおつまみやパーティにも喜ばれます。

    画像: マバニ家の「スパイシーフライドチキン」のつくり方

    材料(つくりやすい分量)

    ● 鶏モモ肉(皮を除き、ひと口大に切る)300g
    ● A
    ・生姜、ニンニク(ともにすりおろす)各小さじ2
    ・ヨーグルト大さじ1と1/2
    ・青唐辛子(みじん切り)2本
    ・コリアンダーパウダー小さじ2
    ・チリパウダー小さじ2
    ・ガラムマサラ小さじ1
    ・粗引き黒胡椒小さじ1
    ・パプリカパウダー小さじ1/4
    ・塩小さじ1/2強
    ● 片栗粉1/2カップ
    ● 揚げ油適量

    準備(鶏モモ肉)

    鶏モモ肉はボウルに入れ、Aを加えてよく揉み込み、ひと晩冷蔵庫で寝かせておく。

    画像: 準備(鶏モモ肉)

    つくり方 

      準備した鶏モモ肉は、冷蔵庫から出し常温に戻しておく。 

     準備したに、片栗粉を加え混ぜながら鶏肉につける。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

     片栗粉が鶏肉になじむまでとりおく。

    深型のフライパンに油を多めに入れ、揚焼きにする。
    ※油の温度は(170〜180℃)

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方
     

    Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.


    〈料理/マバニ・マサコ 撮影/林 紘輝〉

    画像5: つくり方

    マバニ・マサコ
    インド料理・スパイス料理研究家。嫁ぎ先で継承されてきたインドのアーユルヴェーダ的考えを取り入れながら、素朴なスパイス使いと癒される味を日本の家庭に紹介している。著書に『いちから始めるインドカレー』(柴田書店)ほか。新著製作中。Instagramでは日々の料理をUP。

    6月14日に、新刊 『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』 amazonで見る を発売予定。

    * * *

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)|amazon.co.jp

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)|amazon.co.jp

    amazon.co.jp

    ◇ ◇ ◇

    オススメのスパイス屋さん

    アンビカベジ&ヴィーガンショップ蔵前

    〒111-0051
    東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス 1F
    営業時間:11:00~20:00
    年中無休(年末年始を除く)
    都営浅草線「蔵前駅」または、都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,マバニ・マサコの本格スパイス料理,マバニ・マサコ

    This article is a sponsored article by
    ''.