• 釜で塩ゆでしたイワシの稚魚「しらす」。年中食べられるしらすですが、一番おいしい時期は春だそうです。料理家の松田美智子さんにお鍋でつくる、しらすの卵かけごはんを教えていただきました。

    お鍋でつくる、しらすの卵かけごはん

    画像: お鍋でつくる、しらすの卵かけごはん

    しらすのほどよい塩味が卵とよく合います。

    残ったごはんは、ごま油で炒めて炒飯に。

    材料(つくりやすい分量)

    ● 米2カップ
    ● A
    ・水2カップ
    ・オリーブオイル大さじ2
    ・酒大さじ2
    ● 卵(カラザを除き、白身を切りながら溶く)4個
    ● しらす1カップ
    ● 大葉1束

    つくり方

     米をといで、10分浸水し、水をきって15分おく。

     大葉を巻いて千切りにして、水にさらし、ペーパータオルで水気を抑え細かくちぎる。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

     土鍋に米とAを合わせ、炊く。炊き上がったところに、卵としらすを加えて火を止め、5分蒸らしてから軽く混ぜる。大葉をあしらい、塩、ポン酢、調味醤油などでいただく。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

    ポイント:残った分は、ごま油で炒めごはんにしても、おいしくいただけます。



    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像6: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇
    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp



    This article is a sponsored article by
    ''.