• 料理家の松田美智子さんにたたきごぼうの炒め煮のつくり方を教えていただきました。ごぼうは味を染み込ませるために軽く叩いてから、炒めて煮ます。初夏に出回る新ごぼうは皮がやわらかく、アクも少ないので、水にさらさず、皮ごと調理してくださいね。ごぼうの食感をいかしたい場合は蓋をせずに調理するのがポイントです。

    たたきごぼうの炒め煮のつくり方

    画像: たたきごぼうの炒め煮のつくり方

    ごま油の風味と、甘辛い醤油の味が染み込んだ、炒め煮。

    ごぼうを軽く叩いてから調理するのがポイントです。

    材料(つくりやすい分量)

    ● 新ごぼう1本
    ● ごま油大さじ1
    ● 赤唐辛子1cm
    ● A
    ・酒大さじ2
    ・みりん大さじ2
    ● 水1カップ
    ● 醤油大さじ1

    つくり方

     ごぼうは皮ごと洗う。肉叩きの平な面で叩き、4cm長さに切り揃える。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

     深めのソテーパンなどに、ごま油を熱し、赤唐辛子、ごぼうを加え、さっと炒める。Aを加え、照りの出るまで炒め、水を加えて汁気のなくなるまで強火で炒め煮にする。味をみて、醤油を加え、煮絡める。

    画像3: つくり方


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像4: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇
    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    おいしいもの,レシピ,連載,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.