• 料理家の松田美智子さんにあじフライのつくり方を教えていただきました。衣はサクサク、中はフワフワのあじフライ。松田さん流、あじの三枚おろしは失敗がなく、おいしく揚がるのでオススメです。一枚目は塩とレモンで、2枚目はウスターソースとしょうゆで、味の違いをお楽しみください。

    あじフライのつくり方

    画像: あじフライのつくり方

    サクサクふわふわのあじフライ。

    1枚目は塩とレモン、2枚目はウスターソースと醤油でいただくのがおすすめです。

    材料(2人分)

    ● 真あじ2尾
    ● 塩、白こしょう各少々
    ● 薄力粉適量
    ● A
    ・溶き卵1個分
    ・牛乳大さじ2
    ● 生パン粉(2度挽きしたもの)適量
    ● キャベツの葉4枚
    ● パセリの葉先少々
    ● 塩、レモンのくし形切り各適宜
    ● B
    ・ウスターソース大さじ3
    ・しょうゆ大さじ1
    ● 揚げ油適量

    つくり方

     あじは、ぜいごを取って、三枚におろし、腹骨をそぐ。

      に塩、白こしょうをして、ペーパータオルに上に置く。薄力粉を、茶漉し等を通して、全体に薄く振り、よく溶いて混ぜたにくぐらせる。

     余分な粉を落とし、を生パン粉の上に置き、軽く抑えるようにしてパン粉をつける。

     170℃に熱した油で、をさっと揚げる。

    画像1: つくり方

     キャベツは芯を除き半分に切り、ところどころにパセリを挟みながら薄く巻いて、上からつぶすようにまな板に置き、端からせん切りにする。ペーパータオルに包み、冷蔵庫の乾燥でパリッとさせておく。

    画像2: つくり方

     皿にのキャベツをたっぷり盛り、揚げたてののあじフライを盛り、一枚目は塩とレモンで、その後、合わせたでいただく。

    ※ 定食屋さんのあじフライは背開きですが、下記の動画で紹介している三枚おろしの方法でもおいしくいただけます。

    ※ これ以上小さくあじを切らないでください。うま味が半減します。

    失敗しない、あじの三枚おろしの方法(松田美智子さん流)

    画像: あじの三枚おろしの方法 youtu.be

    あじの三枚おろしの方法

    youtu.be


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像: 失敗しない、あじの三枚おろしの方法(松田美智子さん流)

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇
    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    おいしいもの,レシピ,連載,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.