• via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
    料理家の松田美智子さんににんにくスープのつくり方を教えていただきました。暑い夏だからこそ食べたくなる、にんにくをたっぷり使った夏バテ防止レシピです。

    にんにくスープのつくり方

    画像: にんにくスープのつくり方

    夏バテ解消にぴったりな辛さでやみつきに。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ●A
    ・にんにく薄切り大さじ4
    ・オリーブオイル大さじ1
    ●生ハム40g(ひと口大に切る)
    ●B
    ・赤パプリカ1/2個(芯、種、ワタを除き横に薄切り)
    ・カイエンペッパー小さじ1/3
    ・パプリカパウダー小さじ1/2
    ・白こしょう小さじ1/4
    ●バケット(硬い物)20g(ひと口大)
    ●C
    ・チキンスープ3カップ
    ・白ワイン大さじ3
    ●塩少々
    ●卵2個(カラザを取り、とく)
    ●パセリ(みじん切り)適宜

    つくり方

     土鍋、または厚手の鍋にAを加え中火に掛け、炒める。香味が立ったら生ハムを加え炒め、パプリカを加えしんなりするまで炒める。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

     Bを加え、スパイスの香味が立つまで炒め、バケットを加えて炒め、Cを加え弱火で5分煮る。

    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

     スティックミキサーなどでスープ状にし、再度温め味をみて、塩で味をととのえる。火を強め、沸いてきたところに卵を加え火を止め、ひと混ぜする。

    画像6: つくり方
    画像7: つくり方
    画像8: つくり方

     器に盛り、パセリをちらす。いただく度に小鍋にスープを移し、卵を加えるとよい。

    卵の代わりに耐熱容器にスープを入れ、パルメザンチーズをたっぷり加えてオーブンで焼いていただくのも良い。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像9: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp



    This article is a sponsored article by
    ''.