• 料理家の松田美智子さんに真だこのラグーのつくり方を教えていただきました。砕いたタコから旨みが出て、ナンプラーの旨みと絡み合いよく合います。

    真だこのラグーのつくり方

    画像: 真だこのラグーのつくり方

    たこならではの歯ごたえを楽しんで。

    材料(つくりやすい分量)

    ● A
    ・ にんにく(みじん切り)大さじ1
    ・ オリーブオイル大さじ2
    ● 玉ねぎ(みじん切り)1/2個分
    ● セロリ(みじん切り)1/2本分
    ● 真だこの頭と脚各1個
    ● 赤唐辛子(水に浸してみじん切り)約3cm分
    ● セミドライトマト(粗みじん切り)1/4カップ
    ● ミニトマト(へた付き)10個
    ● 白ワイン1/4カップ
    ● B
    ・ チキンスープ1と1/2カップ
    ・ ローリエ1枚
    ● C
    ・ ナンプラー大さじ1
    ・ 胡椒少々
    ● D
    ・ シブレット(小口切り)適宜
    ・ パルメザンチーズ適宜
    ● パスタのゆで汁適宜
    ● パスタ(塩を加えた湯で好みの硬さに茹でる)適宜

    つくり方

     真だこの頭と脚は、フードプロセッサーで5mm角に砕く。手切りしてもよい。

    画像1: つくり方

     厚手の鍋にAを合わせ、中火で炒める。香味がたったら、玉ねぎを加えしんなりするまで炒める。

    画像2: つくり方

     の砕いたたこを加え、赤唐辛子、セミドライトマト、ミニトマト、セロリを加えよく炒める。白ワインを加え、Bを加え一度煮立てアクをすくい、弱火で蓋をして20分煮込む。味をみて、Cでととのえる。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方
    画像5: つくり方
    画像6: つくり方
    画像7: つくり方

     いただくときに適量を小鍋に取り、パスタのゆで汁を味を見ながら少量加え(一人分約1/4カップが目安)、再度加熱する。ゆで立てのパスタにたっぷりかけ、Dをかけていただく。

    画像8: つくり方
    画像9: つくり方

    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像10: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.