• 料理家の松田美智子さんに薄切りみょうがと豚バラの巻き焼きのつくり方を教えていただきました。みょうがを豚肉でクルクルっと巻き、甘辛く焼いた巻き焼きは、シャキシャキした食感とさわやかな風味が味わえます。さっぱり食べられるので、暑い季節の献立にもおすすめです。

    薄切りみょうがと豚バラの巻き焼きのつくり方

    画像: 薄切りみょうがと豚バラの巻き焼きのつくり方

    豚バラでみょうがをクルクルっと巻いて、甘辛く焼いた、巻き焼き。

    みょうがのシャキシャキした食感とさわかな風味が、豚肉の旨味を引き立てます。

    材料(4個分)

    ● 豚バラ薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)200g
    ● 塩、白こしょう各少々
    ● 薄力粉適量
    ● みょうが3個
    ● ごま油大さじ1/2
    ● A
    ・酒大さじ3
    ・みりん大さじ1
    ● しょうゆ大さじ1
    ● 白胡麻適宜

    つくり方

     みょうがは縦4等分に切る。豚バラ肉を、縦に2〜3枚、みょうがの長さに合わせて、少し重ねておき、塩と白こしょうを少々ふる。

    画像1: つくり方

     茶こし等を通して薄力粉を豚肉全体にふり、みょうがを横に手前に置き、空気を入れないように豚肉でしっかりと巻く。巻き終わりを下にしておき、薄く薄力粉をふる。

    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

     フライパンにごま油を中火で温め、豚肉の巻き終わりを下にしてみょうが巻きを置き、全体を焼く。を加え全体になじませ、しょうゆを加え、炒りつける。

    画像4: つくり方

     を半分に切りって器に盛り、煮汁をかけ、白胡麻を適宜散らす。



    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像5: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇
    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    おいしいもの,レシピ,連載,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.