• 9月23日から10月7日ごろの二十四節気七十二候
    日本の“四季折々の自然の美しさ”や“伝統行事の楽しみ”を日々感じながら、心豊かに暮らすヒントを『神宮館高島暦』で長年にわたり主筆を務めた、暦法研究家・井上象英さんが伝えます。
     

    9月23日 4時21分
    二十四節気・秋分(しゅうぶん)

     

    昼と夜の長さが等しくなる日

    秋を二分するという意味の「秋分」。

    暦の秋は、初秋、仲秋、晩秋と分けられ、秋分は仲秋・彼岸の中日です。

    太陽が真東から出て、真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ等しくなります。

    この日を境に夜が長くなり、秋が深まっていきます。

    秋分の期間の七十二候

    9月23日から9月27日ごろ
    秋分初候・ 雷乃収声[かみなりすなわちこえをおさむ]

    画像: 9月23日から9月27日ごろ 秋分初候・ 雷乃収声[かみなりすなわちこえをおさむ]

    夕立のなか、鳴り響いていた夏空の雷が聞こえなくなるころ。

    夏の積乱雲は見られなくなり、高くすんだ空に、秋のうろこ雲やひつじ雲が現れる季節になります。

    9月28日から10月2日ごろ
    秋分次候・ 蟄虫坏戸[むしかくれてとをふさぐ]

    画像: 9月28日から10月2日ごろ 秋分次候・ 蟄虫坏戸[むしかくれてとをふさぐ]

    さまざまな虫たちが樹木の隙間や穴、土の中に入って冬支度をするころです。

    虫の鳴き声も徐々に小さく寂しくなり、長い冬を耐える季節がやってきます。

    そんな様子をこの候では、冬に向けて戸を閉じるという言葉で表現しています。

    10月3日から10月7日ごろ
    秋分末候・ 水始涸[みずはじめてかるる]

    画像: 10月3日から10月7日ごろ 秋分末候・ 水始涸[みずはじめてかるる]

    水田に張った水が抜かれ、いよいよ稲刈りを始めるころです。

    農家にとって籾の重みで穂が垂れ下がる稲の刈り入れ時期ほど、心が弾む時期はありません。

    その出来不出来に緊張しながらも、収穫の最盛期を迎えます。

    黄金色に実った稲が夕日に輝く景色は、まるで黄金の大地のようでまばゆいばかりです。

    ◇ ◇ ◇

    * 二十四節気

    四季の移り変わりをわかりやすくするために一年を24等分したのが二十四節気。もともとは2000年以上前の、古代中国の天体観測からつくられた暦法です。二至(冬至と夏至)二分(春分と秋分)を軸として、その中間に四立(立春・立夏・立秋・立冬)がつくられており、その間をさらに前半と後半に区切ることで二十四節気と称しています。

    * 七十二候

    七十二候とは、二十四節気を気候の変化でさらに細分化したもの。ひとつの節気を「初候」「次候」「末候」という三つの“候”に区分。約5日という細かい期間を、草花や鳥、虫などの様子で情緒的に言い表しています。

    ◇ ◇ ◇

     

    *本記事は『365日、暮らしのこよみ』(学研プラス)からの抜粋です。
    *二十四節気、七十二候の日付は2021年の暦要項(国立天文台発表)などをもとにしたものです。日付は年によってかわることがあります。

    <イラスト/山本祐布子 取材・文/野々瀬広美>

    井上象英(いのうえ・しょうえい)
    暦作家、暦法研究家、神道教師、東北福祉大学特任講師。100年以上の歴史を持ち、日本一の発行部数の『神宮館高島暦』の主筆を長年務め、現在は、企業・各種団体などで講演活動、神社暦や新聞雑誌等の執筆活動など、多方面で活躍。著書に『365日、暮らしのこよみ』(学研プラス)、『こよみが導く2021年井上象英の幸せをつかむ方法』(神宮館)など多数。


    画像: 二十四節気・秋分(しゅうぶん)|井上象英の暮らしのこよみ

    井上 象英
    「365日、暮らしのこよみ」(学研プラス)
    定価:1,870円

    井上 象英「365日、暮らしのこよみ」(学研プラス)|amazon.co.jp

    amazon.co.jp

    『神宮館高島暦』で長年にわたり主筆を務めた暦法研究家の井上象英さん。その知識は、神道学、九星気学、論語、易経、心理学にも及びます。この本は暦を軸に、日本の伝統行事や四季折々の自然の美しさや楽しみ方を誰にでもわかる、やさしい口調で語っています。1月1日から12月31日まで、日本の四季や文化伝統を日々感じながら、心豊かに暮らすヒントが満載です。



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,暮らしの知恵,読みもの,二十四節気七十二侯,井上象英の暮らしのこよみ

    This article is a sponsored article by
    ''.