• 料理家の松田美智子さんに木綿豆腐と香味野菜のつくり方を教えていただきました。さっぱりとした香味野菜は豆腐と相性抜群でやみつきになります。

    木綿豆腐と香味野菜のつくり方

    画像: 木綿豆腐と香味野菜のつくり方

    松田さんは豆源郷の木綿豆腐を使っているそう。国産大豆の甘みとうま味が引き立ち、一層上品な味わいに。

    材料(つくりやすい分量)

    ● 木綿豆腐1丁
    ● A
    ・ 大葉5枚
    ・ みょうが1個
    ・ 新生姜(みじん切り)大さじ1
    ・ 長ねぎ(半月薄切り)1/4本
    ● B
    ・ 梅干し(果肉叩く)大さじ1
    ・ 醤油大さじ1
    ● 生姜(すりおろし)小さじ1

    つくり方

     木綿豆腐を4等分にしてペーパータオルの上に15分おく。

     大葉は千切りにして水にさらし、絞り、両手でさく。みょうがは半分に切って薄切りにし、水にさらし、絞る。

    画像1: つくり方

     Aを空気を入れるように合わせる。Bを混ぜておく。

     器に豆腐2切れを盛り、Aの半量をのせ、半量のBをかけ、半量のおろし生姜をあしらう。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像2: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子,おいしいもの

    This article is a sponsored article by
    ''.