• 料理家の松田美智子さんに梨のソルベのつくり方を教えていただきました。さっぱりとした梨の味わいと上品なハーブの香りが簡単に楽しめる、食後のデザートにぴったりな一品です。

    梨のソルベのつくり方

    画像: 梨のソルベのつくり方

    爽やかなソルベのシャキシャキとした食感が口の中いっぱいに広がる。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● 梨(幸水)2個
    ● A
    ・ 白ワイン1カップ
    ・ 三温糖1/2カップ
    ・ ローズマリー1茎
    ・ ローリエ1枚

    つくり方

     小鍋にAを合わせ、皮と芯をのぞき一口大にした梨を加え2〜3分煮る。プロセッサーで崩し、密封袋に2つに分けて入れ、冷凍庫で凍らせる。プロセッサーで空気を入れソルベに仕立てる。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像3: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.