• 料理家の松田美智子さんに小豆のカップケーキのつくり方を教えていただきました。しっとりしているのに軽い食感なので思わず手がのびる一品です。

    小豆のカップケーキのつくり方

    画像: 小豆のカップケーキのつくり方

    豆の食感と甘さがグラハム粉とオートミルの食感を引き立てる楽しいカップケーキです。

      

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● A
    ・ バター(食塩不使用)100g
    ・ グラニュー糖65g
    ● 卵60g
    ● 牛乳60g
    ● B
    ・ 薄力粉120g
    ・ ベーキングパウダー3g
    ● C
    ・ グラハム粉10g
    ・ オートミール20g
    ● くるみ(7mm大に切る)10g
    ● ゆで小豆60g
    ● 薄力粉適宜

    つくり方

     ボウルにAを合わせ、泡立て器でポマード状に混ぜる。卵を2〜3回に分けて、混ぜ、牛乳を加え混ぜる。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

     合わせてふるったBを加え切るように混ぜ、 Cも加えて混ぜる。くるみと、ゆで小豆に、薄力粉を茶こしなどでふって、ざっくりと全体を混ぜる。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方
    画像5: つくり方
    画像6: つくり方

     好みの大きさのオーブンウエアーにバターを塗ったワックスペーパーを敷き、たねを入れる。180℃に予熱したオーブンで約20分焼く。

    画像7: つくり方
    画像8: つくり方
    画像9: つくり方
    画像10: つくり方

    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像11: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.