• 本格的なスパイス使いを覚えて、健康な体をつくりませんか。今回は、ちょっと特別な日にもおすすめの、肉団子のクリーミーカレーです。コクがあるので食べ応えもあり、見た目の豪華な一品です。

    マバニ家の「肉団子のクリーミーカレー(キーマコフタ)」のつくり方

    ひき肉でつくる肉団子のことを、キーマコフタと言います。

    香味野菜がたっぷり入った肉団子は、それだけでも美味しいですよね。今回はこのコフタを滋味溢れるソースで煮込んで、本格的なインドカレーに仕上げてみました。

    挽肉はラム肉・牛肉・鶏肉などその時に手に入るもので大丈夫です。

    そしてこのコフタは、フライパンで焼けば、それだけでもおかずとして召し上がっていただけます。

    材料(3人分)

    肉団子用:
    ● 好みの挽肉(ラム挽肉・牛挽肉・鶏挽肉など)400g
    ● A
    ・生姜(みじん切り)大さじ1
    ・ニンニク(すりおろし)小さじ2
    ・青唐辛子(みじん切り)2本~3本
    ・香菜(みじん切り)大さじ3
    ・粗挽き黒胡椒小さじ1
    ・ガラムマサラ小さじ1
    ・チリパウダー小さじ1/2
    ・片栗粉大さじ2
    ・塩小さじ1/2
    カレーソース用:
    ● 植物油大さじ1
    ● ギー(あれば)大さじ1
    ● B
    ・ブラックカルダモン2個(又はグリーンカルダモン4個)
    ・クローブ3個
    ・カシアバーク又はシナモン(1cm角)2個
    ● クミンシード小さじ1
    ● 玉ネギ(みじん切り)中1/4個
    ● 生姜・ニンニク(すりおろし)各大さじ1
    ● 青唐辛子(ヘタを除きみじん切り)1本
    ● C
    ・コリアンダーパウダー小さじ2
    ・クミンパウダー小さじ1
    ・ターメリックパウダー小さじ1/2
    ・チリパウダー小さじ1
    ・ガラムマサラ小さじ1/2
    ・黒胡椒粗挽き小さじ1/2
    ● D
    ・ヨーグルト1カップ
    ・カシュナッツペースト又はココナッツクリーム大さじ3
    ● E
    ・香菜(みじん切り)大さじ2
    ・塩小さじ1/2強~好みの量

    準備(肉団子)

    1.ボウルに挽肉とAを入れ、よく揉み冷蔵庫で冷やす。あればカシュナッツペースト大さじ2(分量外)を加えてもよい。

    画像: 準備(肉団子)

    2.冷えて扱いやすくなった肉は、100円玉程度の大きさにそれぞれ丸めておく。(約22個できます)

    つくり方

     厚手の鍋に油、ギー、Bを入れ、弱めの中火で温め、クミンシードも加える。

     クミンシードの周りに泡が立ってきたら、玉ネギを加え時々混ぜる。

     玉ネギが柔らかくなり角が茶色くなったら、生姜、ニンニク、青唐辛子を加える。

     ニンニクの香りがしてきたら、火を止めてCを加え余熱で30秒ほど混ぜながら加熱する。

     スパイスが油と馴染んだら、Dと水500mLを加え、カシュナッツペースト大さじ3も加える。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

     混ぜながら弱めの中火で加熱し、沸騰し始めたら肉団子を加える。

    画像3: つくり方

     肉団子をなるべく動かさないようにし、白くなったら、Eを加え、肉団子に火が通りソースのとろみがつくまで加熱する。

    ブレンダーがない場合には:
    ・ミルやブレンダーがない場合には、カシュナッツペーストを使用せず、ココナッツミルク又はクリーム大さじ2〜3程度に代えてもつくれます。

    もっと美味しくするために:
    ・ソースは始めサラサラとしていますが、とろみがつくまで煮込むと、ソースに肉の味がしみ出し、より美味しく仕上がります。
    ・ラム挽肉を使う場合には、Aでスペアミント大さじ2、Dで大さじ1(共にみじん切り)を加えるとより美味しくなります。
    ・時間のある時には、準備したコフタ(ミートボール)を冷蔵庫で半日ほど寝かせるとより美味しく仕上がります。

    カシュナッツペーストのつくり方

    ミル又はブレンダーにカシュナッツ大さじ5(約40g)と水大さじ5を入れ、ペーストにする。

    カシュナッツは無塩のものを使用するが、有塩のものしかない場合には、ソースに加える塩を少なめにする。

    画像1: カシュナッツペーストのつくり方
     

    Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.


    〈料理/マバニ・マサコ 撮影/林 紘輝〉

    画像2: カシュナッツペーストのつくり方

    マバニ・マサコ
    インド料理・スパイス料理研究家。嫁ぎ先で継承されてきたインドのアーユルヴェーダ的考えを取り入れながら、素朴なスパイス使いと癒される味を日本の家庭に紹介している。著書に『いちから始めるインドカレー』(柴田書店)ほか。新著製作中。Instagramでは日々の料理をUP。

    新刊『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理』amazonで見る が発売中。

    * * *

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)|amazon.co.jp

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)|amazon.co.jp

    amazon.co.jp

    ◇ ◇ ◇

    オススメのスパイス屋さん

    アンビカベジ&ヴィーガンショップ蔵前
    〒111-0051
    東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス 1F
    営業時間:11:00~20:00
    年中無休(年末年始を除く)
    都営浅草線「蔵前駅」または、都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,マバニ・マサコの本格スパイス料理,マバニ・マサコ,カレー

    This article is a sponsored article by
    ''.