• 愛知県にある星月夜。1階には、旬の食材とオーガニックの野菜を使った、菜食料理を出すレストランがあります。どんな方でも同じ食卓を囲めるように、という想いを込めて、菜食料理を提供しています。お菓子部門を担当している加藤里奈さんに、今の時期におすすめの菜食菓子「バラとシナモンのりんご漬け」のレシピをお聞きしました。

    バラとシナモンのりんご漬けのつくり方

    画像: バラとシナモンのりんご漬けのつくり方

    材料(つくりやすい分量)

    ● A
    ・りんご2玉(300g)
    ● B
    ・シナモン1本
    ・ドライローズの蕾10個
    ・ラズベリー(冷凍でも可)20g
    ・きび砂糖350g
    ・レモン果汁60g

    つくり方

     よく洗ったりんごを皮付きのまま、16等分に切る。

     芯の部分を取り除き、薄いいちょう切りにする。

     のりんごと、Bの材料を全てボウルに入れ、ゴムべラでよく混ぜ、消毒した保存瓶に入れる。

     冷暗所でひと晩置いて、できあがり。炭酸で割ったり、お湯割りにしたりしていただく。

    画像1: つくり方

    ※冷蔵庫で、約1カ月間保存可能。



    〈料理・スタイリング/加藤里奈 撮影/千葉亜津子〉

    画像2: つくり方

    星月夜(ほしづきよ)
    愛知県犬山市に2013年にオープン。オーガニック食材を中心に、地域の農産物や伝統調味料を使い菜食料理を提供する。1階レストランでは、菜食料理のコースメニューとお菓子の販売を。2階ギャラリーでは、衣食住にまつわる様々な展覧会を開催。暮らしにまつわる手仕事や、料理教室などのワークショップも定期開催している。
    http://hosizukiyo.jp/

    画像3: つくり方

    加藤里奈(かとう・りな)
    三重県出身。菜食菓子研究家。美容の仕事に携わり日々の食べ物の大切さを感じて食の世界に興味をもつ。料理人である夫との出会いをきっかけに、植物性原料を使ったお菓子づくりを始める。「レストラン星月夜」では焼き菓子と菜食料理コースのデザートを担当。



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    おいしいもの,お菓子,レシピ,連載,星月夜の菜食菓子,星月夜

    This article is a sponsored article by
    ''.