• 本格的なスパイス使いを覚えて、健康的な体をつくりませんか。サクサクの歯応えが美味しい蓮根をスパイシーなハンバーグに仕上げて、いつもと違うお味を楽しんでみてください。

    マバニ家の「鶏肉と蓮根のスパイシーバーグ」のつくり方

    簡単に仕上がるのにとても美味しいので、我が家では度々食卓に上る料理です。

    ハンバーグといってもフカフカでジューシーなものとは少し異なり、レンコンのサクサク感が美味しさの決め手です。

    材料

    画像: 材料
    ● 植物油大さじ1
    ● A
    ・鶏挽肉(胸肉又はもも肉)300g
    ・むきエビ(粗みじん切り)120g
    ・蓮根(粗みじん切り)1/2カップ
    ● B
    ・ローストクミンシード小さじ1
    ・フェンネル小さじ1/2
    ・黒胡椒粗挽き小さじ1/2
    ・ターメリック小さじ1/4
    ・チリパウダー小さじ1/2
    ● C
    ・生姜(みじん切り)小さじ1
    ・ニンニク(すりおろし)小さじ1
    ・青唐辛子(ヘタを除きみじん切り)2本
    ・香菜 (みじん切り)大さじ3
    ・塩小さじ1(塩の塩辛さで増減してください)

    つくり方 

     大きめのボウルにABCの順に入れてよく混ぜる。

     を6等分に分けて、それぞれ楕円型にする。

    画像1: つくり方

    フライパンに油を入れ弱めの中火で加熱し、油が温まったら楕円形にした肉をフライパンに入れ、表面を軽く潰すようにして形を整える。

     裏面がきつね色に焼けたら、返して軽く塩をかけ(分量外)、中心まで火が通るように焼く。

     皿にスパイスバーグ・添え物のズッキーニ・ライム(分量外)を共に盛り付ける。

     ライムを絞りかけてから召し上がれ。

    もっと美味しくするために:
    ・柔らかいハンバーグにしたい場合には、片栗粉(大さじ1、分量外)を加えると、柔らかめに仕上がります。
    ・鶏肉はどれだけ皮や脂が入っているかにより、仕上がりが変わってきます。脂や皮が多く入っているものの方が柔らかく仕上がります。健康との兼ね合いを考えて、お好きな鶏肉でおつくりください。

    ズッキーニの添え物のつくり方 

    材料

    ● ズッキーニ(1cm幅に輪切り)中1本
    ● オリーブオイル大さじ1
    ● 塩少々
    ● チリパウダー少々

    つくり方

     フライパンに油を入れ弱めの中火で加熱し、油が温まったらズッキーニを並べていく。

     ズッキーニの表面の色が濃く変わり始めたら裏返し、きつね色になった表面に塩とチリパウダー をふりかけ、ズッキーニが柔らかくなるまで、火を調節しながら加熱する。

     

    Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.


    〈料理/マバニ・マサコ 撮影/林 紘輝〉

    画像2: つくり方

    マバニ・マサコ
    インド料理・スパイス料理研究家。嫁ぎ先で継承されてきたインドのアーユルヴェーダ的考えを取り入れながら、素朴なスパイス使いと癒される味を日本の家庭に紹介している。著書に『いちから始めるインドカレー』(柴田書店)ほか。新著製作中。Instagramでは日々の料理をUP。

    新刊『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理』amazonで見る が発売中。

    * * *

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)|amazon.co.jp

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)|amazon.co.jp

    amazon.co.jp

    ◇ ◇ ◇

    オススメのスパイス屋さん

    アンビカベジ&ヴィーガンショップ蔵前
    〒111-0051
    東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス 1F
    営業時間:11:00~20:00
    年中無休(年末年始を除く)
    都営浅草線「蔵前駅」または、都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,マバニ・マサコ,マバニ・マサコの本格スパイス料理

    This article is a sponsored article by
    ''.