• 料理家の松田美智子さんに甘夏みかんのマーマレードのつくり方を教えていただきました。しっかりとした皮の歯ごたえとすっきりとした果物の甘味を楽しめる、シンプルな保存食です。

    甘夏みかんのこと

    画像: 甘夏みかんのこと

    「甘夏みかん」は、「夏みかん」の変異品種で、突然変異の一種の枝変わりとなる日本の古い柑橘です。夏みかんより酸味が少ないので、甘夏と呼ばれました。そして、夏みかんより早く色づき、食べやすいので、現在は甘夏の方が多く生産されています。

    昭和10年に大分県津久見市の川野豊さんによって発見されたことから、正式名称を「川野ナツダイダイ」(川野夏橙)といいます。

    甘夏みかんのマーマレードのつくり方

    画像: 甘夏みかんのマーマレードのつくり方

    甘夏をまるごとぜいたくに使いきる、甘みと苦みのバランスがおいしいマーマレード。

    パンにのせたり、ヨーグルトにかけたりと、朝食やおやつにおすすめです。冷凍保存も可能。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● 甘夏みかん1kg(皮400g・果肉350g)
    ● グラニュー糖430g

    つくり方

     甘夏みかんを6〜8等分のくし形に切り、果肉と皮に分け、皮のワタの部分を削ぎ取る。皮は横に薄切りにする。果肉は麻袋等に入れ、絞っておく。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

     沸騰したたっぷりの湯で、2回皮をゆでこぼし、苦味を抜く。鍋(土鍋、ガラス鍋、鋳物ホウロウ鍋など)にゆでた皮とグラニュー糖を入れ、よくトスして合わせ10分ほどおく。

    さらに皮から出た水分とグラニュー糖をあわせる。絞ったジュースを加え、弱火でふたをせずに、ときどき鍋底から大きく混ぜながら約30〜40分好みの具合に煮る。冷めると1割ぐらい固くなるのを計算して火を止める。

    画像4: つくり方
    画像5: つくり方
    画像6: つくり方

    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像7: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.