• 料理家の松田美智子さんに深川めしのつくり方を教えていただきました。あさり本来のうま味と、ふっくらとした歯ごたえをお楽しみいただけます。栄養価が高く、自宅でも手軽につくれるのが魅力です。

    深川めしのつくり方

    画像: 深川めしのつくり方

    江戸時代、東京の下町である深川地域で生まれた「深川めし」。もともとは漁師たちの日常食として親しまれてきました。

    お店によってつくり方はさまざまで、あさりの炊き込みごはんを深川めしと称するお店もありますが、今回はねぎと一緒にさっと煮たあさりを炊きたてのごはんにかける元祖のつくり方を紹介します。

    材料(2人分)

    画像: 材料(2人分)
    ● 炊きたてのごはん適宜
    ● A
    ・だし1カップ
    ・しょうが(みじん切り)大さじ1
    ● B
    ・あさり(むき身)1カップ
    ・酒大さじ2
    ・みりん大さじ1
    ● C
    ・薄口しょうゆ大さじ1
    ・長ねぎ(芯をのぞいて斜め切り)1/2本分
    ● 黒こしょう(好みで)適宜

    つくり方

     鍋にAを合わせ、中火で煮立てる。Bを加えてさっと火を通し、Cを加える。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

     長ねぎに火が通ったら、器に盛ったごはんにかける。好みで黒こしょうをかけてもよい。

    あさりのこと

    画像1: あさりのこと

    あさりは、日本の食卓になじみの深い貝。鉄分、ビタミンB12などの栄養素が多く含まれます。鉄分やビタミンB12は、健康的に暮らしたい女性が積極的にとりたい栄養素でもあります。

    旬は3〜5月、9〜10月。重みがあり模様がはっきりしているものは良質、殻がふっくらしているものは身も太っていておいしいといわれています。触れるとすぐに口を閉じるものは新鮮です。また、殻が盛り上がっているもので厚みがあるものは、国産のあさりの特徴。あさりはうま味が溶け出るため、味噌汁やスープ、酒蒸しなど煮汁ごととれる調理法がおすすめです。

    砂を多く含んでいる方が新鮮ですが、調理前には「砂抜き」の作業が必要です。ただし、最近では砂抜きされているものも多く出回っています。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像2: あさりのこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.