• 料理家の松田美智子さんにピーマンの焼き浸しのつくり方を教えていただきました。さっぱりとした味わいで箸休めにもおすすめ。だしのうま味がよくしみ込んで、冷めてからでもおいしくいただけます。

    ピーマンの下処理

    画像1: ピーマンの下処理

    ピーマンの下部を切り落とし、縦にして4等分に切り、種とワタの部分を除く。

    画像2: ピーマンの下処理

    ワタをていねいに取りのぞくことで、ピーマン独特のくさみがとれて食べやすくなる。手でむしると水分が出てしまうので包丁を使う方がおすすめ。

    ピーマンの焼き浸しのつくり方

    画像: ピーマンの焼き浸しのつくり方

    香ばしく焼いたピーマンを、だし汁に浸して。密閉容器に入れて1~2日保存可能です。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● ピーマン5個
    ● A
    ・だし汁1カップ
    ・酒大さじ2
    ● 梅干し1個
    ● 薄口しょうゆ大さじ1
    ● ごま油大さじ1
    ● 塩少々

    つくり方

     Aを鍋に入れ、中火にかける。梅干しは、果肉をたたき、種ごと加える。煮立ったら薄口しょうゆを加え、味をみて塩を少々加える。火を止めてバットに移す。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

     フライパンにごま油を入れ、皮側を下にしてピーマンを焼く。皮側に焼き色がついたら裏返し、内側を軽く焼く。内側は火を入れすぎると水分が出てしまうので軽く焼けばよい。

    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

     に浸す。常温になるまでおいたら、味がしみてくる。好みでかつおの削り節、一味とうがらし(ともに分量外・適量)を加えてもおいしい。冷蔵庫で冷やしていただいてもよい。

    画像6: つくり方
    画像7: つくり方

    ピーマンのこと

    画像1: ピーマンのこと

    ピーマンはとうがらしの品種のひとつですが、甘みがあり、カプサイシンを含みません。露地栽培の場合の旬の時期は、6~8月。緑色のピーマンは未熟なうちに収穫したもので、赤ピーマンは、緑色のピーマンが完熟したものになります。

    ピーマンは栄養価が高く、ビタミンCβ-カロテンが豊富に含まれていることが特徴。老化防止や免疫力アップ、がんの予防に効果を発揮するといわれています。とくに緑ピーマンは、抗酸化作用のある葉緑素クロロフィルを多く含み、不要なコレステロールを排出して、動脈硬化の予防にも役立ちます。

    ピーマンを選ぶときは、緑色が鮮やかで、皮にハリやツヤのあるものを選びましょう。独特な苦みや青くささは、ワタをていねいにとりのぞき、繊維を断ち切る横切りではなく、縦切りにすることで和らげることができます。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像2: ピーマンのこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.