• 料理家の松田美智子さんにズッキーニのグリルのつくり方を教えていただきました。風味豊かなアンチョビソースが、素材のおいしさを引き立てます。パンやパスタに合わせるなど、副菜としても活躍します。

    ズッキーニのグリルのつくり方

    画像: ズッキーニのグリルのつくり方

    ズッキーニをオーブンで焼き上げた、ジューシーな味わいのグリル。さわやかなミントをトッピングに。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● ズッキーニ2本
    ● A
    ・にんにく(みじん切り)小さじ1
    ・オリーブオイル1/4カップ
    ・アンチョビ大さじ1
    ・こしょう少々
    ● アーモンド大さじ2
    ● ミント少々

    つくり方

     Aを合わせておく。アーモンドを包丁でざく切りにし、アルミフォイルなどに広げる。切りかすは焼くときに焦げやすいので、なるべく取り除くようにする。250℃に予熱したオーブンで、軽く焼き色がつくまで焼く。オーブントースターで焼いてもよい。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

     ズッキーニの両端を薄く切り落として、縦半分に切る。バットに並べ、Aを表面に塗る。250℃に予熱したオーブンで、ときどき位置を変えながら10分焼く。焼きあがったら皿に盛り、アーモンドとミントをあしらう。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

    ズッキーニのこと

    画像1: ズッキーニのこと

    ズッキーニは、きゅうりのような見た目ですが、実はかぼちゃの一種。淡白でくせが少なく、ほのかな甘みと苦みが特徴です。

    旬は6月~8月。イタリア料理やフランス料理などに重宝され、南フランスの煮込み料理「ラタトゥイユ」などに欠かせない食材です。炒めやグリルなどのさまざまな料理にも使いやすく、近年では日本でもスーパーマーケットに並ぶ一般的な食材として人気が高まっています。

    ズッキーニにはβ-カロテンやビタミンC、カリウムが豊富に含まれており、疲労回復や免疫力アップが期待できます。新鮮なズッキーニを選ぶポイントは、均一にふくらみがあり、表面につやがあるものを選ぶことです。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像2: ズッキーニのこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.