• 料理家の松田美智子さんに揚げズッキーニとツナの煮もののつくり方を教えていただきました。ズッキーニにツナのうま味がじんわりとしみて、上品な味わいに。常備している方も多いツナ缶を使ってできる、手軽なおかずです。

    揚げズッキーニとツナの煮もののつくり方

    画像: 揚げズッキーニとツナの煮もののつくり方

    揚げたズッキーニを、ツナ缶と一緒にさっと煮ます。ズッキーニは、油で揚げるとコクが出ます。揚げたてに、塩をかけてそのままいただいてもおいしいので、多めに揚げていろいろな食べ方をしても楽しいです。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● ズッキーニ2本
    ● 長ねぎ(芯を除き、4cm長さの短冊切り)1/2本分
    ● ツナ缶1/2カップ(1缶分)
    ● A
    ・酒大さじ3
    ・水1カップ
    ● みりん大さじ1
    ● 薄口しょうゆ大さじ1
    ● 揚げ油適量

    つくり方

     ズッキーニは、両端のへたを切り落とし、3等分に切る。さらに縦に4等分に切る。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方

     170℃に熱した揚げ油にズッキーニを入れ、揚げ色がつくくらいまで、からりと素揚げする。

    画像3: つくり方

     鍋にAとツナを入れ、さっと煮立てる。ツナは水から入れて一緒に煮ると、だしが出やすい。を加え、さらに長ねぎ、みりんを加えてふたをする。5分煮たらふたをとり、薄口しょうゆを加えて、さらに5分煮る。

    画像4: つくり方
    画像5: つくり方
    画像6: つくり方

    ズッキーニのこと

    画像1: ズッキーニのこと

    ズッキーニは、きゅうりのような見た目ですが、実はかぼちゃの一種。淡白でくせが少なく、ほのかな甘みと苦みが特徴です。

    旬は6月~8月。イタリア料理やフランス料理などに重宝され、南フランスの煮込み料理「ラタトゥイユ」などに欠かせない食材です。炒めやグリルなどのさまざまな料理にも使いやすく、近年では日本でもスーパーマーケットに並ぶ一般的な食材として人気が高まっています。

    ズッキーニにはβ-カロテンやビタミンC、カリウムが豊富に含まれており、疲労回復や免疫力アップが期待できます。新鮮なズッキーニを選ぶポイントは、均一にふくらみがあり、表面につやがあるものを選ぶことです。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像2: ズッキーニのこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.