• 料理家の松田美智子さんに新じゃがの韓国風の炒め煮のつくり方を教えていただきました。ホクホクの新じゃがにぴりっと辛いコチジャンのたれがよく合う、ごはんが進むおかずです。

    新じゃがのこと

    画像: 新じゃがのこと

    新じゃがは、収穫後に貯蔵することなくすぐに出荷される、とれたてのじゃがいものことをいいます。みずみずしく皮が薄い特徴があるうえ、小粒なものが多く火が通りやすいので、丸ごと調理するおかずに向いています。

    また、皮が薄くてやわらかいのは新じゃがならではの魅力。皮にはビタミンCも豊富に含まれているので、皮ごと食べるのがおすすめです。

    通常のじゃがいもの約8割は北海道で生産されますが、新じゃがの春に見かけるものの多くは鹿児島県、長崎県などの九州産です。産地によって旬の時期が異なるので、ぜひその時期の旬な新じゃがを選んで味わってください。

    新じゃがの韓国風の炒め煮のつくり方

    画像: 新じゃがの韓国風の炒め煮のつくり方

    新じゃがを韓国風に甘辛く味付けした炒め煮です。煮物は冷めるときに味が入るので、一度室温になるまで置いて、再度加熱するのがコツです。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● 新じゃが300g
    ● A
    ・ごま油大さじ1
    ・にんにく(みじん切り)小さじ1
    ● コチジャン大さじ1
    ● チキンスープ1と1/2カップ
    ● 三温糖大さじ1と1/2
    ● しょうゆ大さじ1

    つくり方

     新じゃがは、皮ごとよく洗い、半分に切って面取りする。ペーパータオルなどで水気をよく押さえる。

    画像1: つくり方

     Aを鍋に入れ、新じゃがを加えて中火でさっと炒める。味をみながらコチジャンを加え、香りが立つまでしっかりと炒める。三温糖を加えて照りが出てきたら、チキンスープを加える。

    画像2: つくり方

     が湧いてきたら、ふたして10分ほど煮る。ふたをとってさらに10~20分煮たら、しょうゆを加えてひと煮立ちさせる。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方

    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像5: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.