• 料理家の松田美智子さんにぶりのソテー バルサミコソースのつくり方を教えていただきました。フライパンひとつで手軽にできて、おもてなしにもおすすめのひと皿。酸味とコクのあるソースが、脂ののったぶりの味わいを引き立てます。

    ぶりのソテー バルサミコソースのつくり方

    画像: ぶりのソテー バルサミコソースのつくり方

    ぶりの照り焼きをバルサミコソースで洋風仕立てに。ワインなどにもよく合います。

    材料(2人分)

    画像: 材料(2人分)
    ● ぶり2切れ
    ● A
    ・塩小さじ1
    ・にんにく(すりおろし)小さじ1/2
    ・白ワイン大さじ2
    ・こしょう少々
    ● 薄力粉適量
    ● オリーブオイル大さじ2
    ● バター大さじ1
    ● バルサミコ酢大さじ3
    ● しょうゆ大さじ1

    つくり方

     ぶりはバットなどに並べ、合わせたAにつけて15分おく。

    画像1: つくり方

     のぶりはペーパータオルで水けをふき取り、薄力粉をまぶす。Aのつけ汁はとっておく。フライパンにオリーブオイルを中火の強で熱し、ぶりを盛りつける面を下にして入れ、ふたをして蒸し焼きにする。

    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

     に火が通ったらAのつけ汁をかけ、両面をしっかり焼く。身に焼き色がついたら、ぶりを立てて皮目も香ばしく焼く。火を止め、ぶりを皿に盛る。

    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

     同じフライパンにバターを熱し、バルサミコ酢、しょうゆを加える。とろみがつくまで煮詰め、最後にこしょうをふる。皿に盛ったぶりにソースをかける。

    画像6: つくり方
    画像7: つくり方

    ぶりのこと

    画像1: ぶりのこと

    ぶりはアジ科ブリ属の一種で、成長するにつれて呼び名が変わる出世魚の代表格です。天然の大物、ぶりがおいしくなる旬の時期は、たっぷりと脂を蓄え南下する12~2月。この時期のものは「寒ぶり」と呼ばれ人気が高いです。脂がのったぶりはお刺身、煮物、ソテーなどさまざまな料理で楽しめます。

    ぶりを選ぶときは、ツヤとハリがあり、血合いが少ないものを選ぶのがおすすめです。血合いは古くなると黒ずんでくるので、色の鮮やかさを見るとよいでしょう。北陸地方では「ぶりおこし」といって雷が鳴るとおいしいぶりが揚がるといわれています。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像2: ぶりのこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.