• 季節の移ろいが感じられる二十四節気。節気ごとに季節を感じる手づくりを楽しんでみませんか? エッセイストでイラストレーターの平野恵理子さんに、二十四節気の「大雪」につくりたい、ポップコーンの雪の飾りについて教えてもらいました。
    (『手づくり二十四節気』より)

    大雪(12月7日〜21日)

    画像: 大雪(12月7日〜21日)

    大雪、いよいよ十二月ですね。

    雪も本格的に降り、これからしばらくは寒い季節が続きます。とはいえ、冬の静かさや澄み渡った空気は、清々しさも感じられて魅力です。

    山は白く冠雪して美しい。身を縮こめてばかりいても面白くありません。

    というわけで、たっぷり雪が積もった朝には雪中散歩を。長靴を履いて、コートを着込んで、帽子に手袋、マフラーもきっちり巻いて出かけます。

    通りかかった公園には、誰かがつくった雪だるまが。ずいぶん早起きしてつくったんだな。なかなかいい表情の雪だるまさん、いい出来栄えです。

    歩いているうちに、体も温まってきました。今日の雪中散歩はこのくらいにして、どこかで曲がって帰り道へ。

    家に帰ったら、熱いお茶をいれて飲むことにします。

    ポップコーンで雪の飾りを

    せっかくの大雪の節気、雪の飾りでもつくってみましょうか。

    これは、若いころ友人に教わったものです。長崎出身の彼の家には、よく外国からホームステイの若者が滞在していたのだそう。そのなかの一人のアメリカから来た女学生が、彼に教えてくれたという雪の飾りです。

    つくり方は極めてシンプル。ポップコーンを糸でつなぐというものです。ポップコーンは、同じようでいてひとつずつがそれぞれ微妙に違う形をしています。これをつないでいくと、不思議なゆらぎを持つ一本の雪飾りになるのですね。

    せっかくなので、ポップコーンは自分でつくっちゃいましょう。飾りに使うだけではつまらない、やはりおいしく食べたいし。

    というわけで、爆裂種のコーンをフライパンに入れて、景気よく破裂音をさせてつくります。ポンポンポポン! と、ああ面白い。

    ほんのひと握りのコーンがフライパンいっぱいに膨らみます。半カップのコーンで約二リットルのポップコーンに。半分は自分で食べる分、もう半分は雪の飾りに使いましょう。

    画像1: ポップコーンで雪の飾りを
    画像2: ポップコーンで雪の飾りを

    一リットルのポップコーンで三メートルほどの雪の飾りができます。

    あんまり長いもの一本をつくろうとすると大変なので、一メートルの飾りを三本つくるくらいがちょうどよさそうです。

    画像3: ポップコーンで雪の飾りを

    ひとつずつつまんでは針を刺して糸に通す作業。お部屋でクリスマスソングなどを聴きながら作業をすれば、ゴキゲンですね。

    全部つながったら、クリスマスツリーにくるりと巻きつけます。おお、ステキな雪の飾りになるではないですか。

    画像4: ポップコーンで雪の飾りを

    ツリーだけでなく、壁に飾ってもいい感じ。我が家では、クリスマスソックスにも絡めて飾っています。

    それでは、雪飾りのクリスマスツリーなどを脇に置いて、お部屋で映画鑑賞会をいたしましょう。

    残り半分のポップコーンを山盛りにしたボウルを抱えてゆったりと。演目は、やはりクリスマス映画の名作『素晴らしき哉、人生!』で決まりですね。



    平野恵理子(ひらの・えりこ)

    1961年、静岡県生まれ、横浜育ち。イラストレーター、エッセイスト。山歩きや旅、暮らしについてのイラストとエッセイを多数執筆。おもな著書に『五十八歳、山の家で猫と暮らす』『わたしはドレミ』(亜紀書房)、『草木愛しや 花の折々』(三月書房)、『きょうはなんの記念日? 366日じてん』(偕成社)、『あのころ、うちのテレビは白黒だった』(海竜社)など。絵本・児童書に『ごはん』『おひなまつりのちらしずし』(福音館書店)、『和菓子の絵本』(あすなろ書房)など。『天然生活手帖2023』(扶桑社)の文と絵も手がける。

    * * *

    『手づくり二十四節気』(平野恵理子・著/ハーパーコリンズ・ジャパン)|amazon.co.jp

    『手づくり二十四節気』(平野恵理子・著/ハーパーコリンズ・ジャパン)

    『手づくり二十四節気』(平野恵理子・著/ハーパーコリンズ・ジャパン)|amazon.co.jp

    amazonで見る

    * * *



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    暮らしの知恵,読みもの,ハンドメイド,二十四節気七十二侯,平野恵理子

    This article is a sponsored article by
    ''.