• 料理研究家の松田美智子さんにモロヘイヤとオクラ、えのきだけのあえもののつくり方を教えていただきました。えのきはゆでずにさっと火を通すのがポイント。モロヘイヤとオクラのねばねば感と、えのきのシャキシャキ感の食感の違いを楽しめます。

    モロヘイヤのこと

    画像: モロヘイヤのこと

    モロヘイヤは、ビタミン類やカルシウム、鉄分などが豊富に含む栄養満点の野菜です。なかでもカロテンの含有量は野菜のなかでもトップクラスです。葉をきざむと独特のねばりが出るのが特徴。クセのない味わいはおひたしやスープ、和えものにおすすめです。

    モロヘイヤとオクラ、えのきだけのあえもののつくり方

    画像: モロヘイヤとオクラ、えのきだけのあえもののつくり方

    うま味たっぷりのかつおの削り節をのせて。お酒のおつまみにはもちろん、のりで巻いたり、ごはんにのせたりとアレンジも豊富です。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● モロヘイヤ1束
    ● オクラ5本
    ● えのきだけ1/2束
    ● 塩少々
    ● A
    ・梅干し(たたく)小さじ1
    ・しょうが(すりおろす)小さじ1/2
    ・煮切り酒大さじ2
    ・薄口しょうゆ大さじ2
    ● かつおの削り節適宜

    つくり方

     モロヘイヤは軸を除いて葉だけを使う。沸騰したたっぷりの湯に塩を加えてさっとゆで、色が変わったらすぐに氷水にとり、水けを軽く絞る。

    画像1: つくり方
    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

     オクラはガクを包丁でむき、塩をまぶして板ずりをする。オクラとのモロヘイヤを細かくきざむ。

    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

     えのきだけをざるに広げ、お湯をさっと回しかける。

    画像6: つくり方

     ボウルにAを加えてあえる。皿に盛り、かつおの削り節を上にのせる。

    画像7: つくり方

    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像8: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    本誌プレゼントへのご応募はこちら

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.