• 料理研究家の松田美智子さんにそう麺のチーズカリカリ焼きを教えていただきました。 たくさんゆですぎて冷蔵庫に残っていたそう麺を使っても、簡単においしくできるのもうれしいです。

    そう麺のチーズカリカリ焼きのつくり方

    画像: そう麺のチーズカリカリ焼きのつくり方

    干しえびがうま味の鍵。チーズの種類や量はお好みで。

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)
    ● そう麺1束
    ● バター大さじ1と1/2
    ● にんにく(みじん切り)小さじ1/2
    ● 干しえび(5mm角に切ったもの)大さじ1
    ● 塩、白こしょう少々
    ● パルメザンチーズ1/3カップ

    つくり方

     そう麺をかためにゆで、冷水で周りのぬめりを洗い流し、水けを切っておく。

    画像1: つくり方

    中華鍋を弱火でしっかりあたため、バターを入れいったん火を止めて溶かす。にんにく、干しえびを入れ再び火にかける。

    画像2: つくり方

     を入れて塩、こしょうを加え、ゆっくりと焼く。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方

    パルメザンチーズをのせて返し、フライ返しで押し付けながら焼く。

    画像5: つくり方
    画像6: つくり方

    焼き色がついたら皿に盛る。

    画像7: つくり方
    画像8: つくり方

    そう麺のこと

    画像1: そう麺のこと

    おいしいつゆに薬味をたくさんのせて、つるりといただくそう麺は、夏の食卓に欠かせません。三大そう麺といわれる奈良県の三輪そう麺、兵庫県の播州そう麺、香川県の小豆島そう麺のほか、日本中でつくられているそう麺。産地により小麦粉や製造方法が違い、太さや長さもさまざま。

    松田美智子さんが愛用するのは、香川県にある「甚助」の小豆島手延そう麺「黄金蔵糸」。細くてコシがあり、小麦が香るそう麺です。いろいろな地方のそう麺を試してお気に入りを見つけましょう。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司 取材・文/村上有希〉

    画像2: そう麺のこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    本誌プレゼントへのご応募はこちら

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.