• 料理研究家の松田美智子さんに牛肉の叩き焼きのつくり方を教えていただきました。つなぎを使わないので、肉のうま味たっぷり。甘辛の味つけが食欲を誘います。

    牛肉の叩き焼きのつくり方

    画像: 牛肉の叩き焼きのつくり方

    たれに豆板醤やラー油を加えたり、仕上げに一味とうがらしや山椒の香味も合います。

    材料(4個分)

    画像: 材料(4個分)
    ● 牛肉切り落とし250g
    ● にんにく(みじん切り)小さじ1
    ● 長ねぎ(みじん切り)1/2本分
    ● 塩小さじ1/2
    ● 白こしょう少々
    ● ナツメグ小さじ1/4
    ● ごま油大さじ1
    ● A
    ・ しょうゆ大さじ1と1/2
    ・ 酒大さじ2
    ・ みりん大さじ1
    ● 細ねぎ3〜4本

    つくり方

     牛肉を細かく切り、包丁を叩き、さらに細かくする。

    画像1: つくり方

     をボウルに入れ、みじん切りにしたにんにくと長ねぎ、ナツメグを入れる。手でねばりが出るまで混ぜ、軽く塩とこしょうをふる。

    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

     小さなボウルにAを合わせておく。

    画像4: つくり方

     フライパンにごま油を熱し、4等分にしたを平らに並べ、スパチュラで押さえながら焼く。焼き色がついたら返し、中火にして、ふたをして蒸し焼きにする。

    画像5: つくり方

     を加え肉に絡めたら、肉を器に盛り付ける。残った汁は強火で少し煮詰め、肉にかける。みじん切りにした細ねぎを散らす。

    画像6: つくり方
    画像7: つくり方
    画像8: つくり方

    牛肉切り落としのこと

    画像1: 牛肉切り落としのこと

    「切り落とし」は肉の形を整えるときに残った部分を集めたもので、手頃な価格で販売されています。形は揃っていないけれど厚みは同じなので、料理に使いやすい食材。

    「もも切り落とし」「肩ロース切り落とし」など部位ごとに販売していることもありますが、さまざまな部位を合わせていることもあります。できるだけ脂が少ない赤身を選ぶといいでしょう。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司 取材・文/村上有希〉

    画像2: 牛肉切り落としのこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    本誌プレゼントへのご応募はこちら

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.