• 料理研究家の松田美智子さんに肉うどんのつくり方を教えていただきました。牛肉たっぷりの甘辛の味つけのうどん。満足感のある一品です。

    肉うどんのつくり方

    画像: 肉うどんのつくり方

    牛肉が主役のボリュームのあるうどんも、薬味をプラスしてやさしい口当たりに。

    材料(2〜3人分)

    画像: 材料(2〜3人分)
    ● ゆでうどん2玉
    ● 牛肉の切り落とし250g
    ● ごま油大さじ1
    ● しょうが(せん切り)大さじ1
    ● 赤とうがらし1cm
    ● 長ねぎ1/2本
    ● 三温糖大さじ1と1/2
    ● だし汁2カップ
    ● 酒大さじ2
    ● しょうゆ大さじ2
    ● 九条ねぎ1〜2本
    ● 水溶き片栗粉小さじ2
    ● 一味とうがらし または 粉山椒好みで適宜

    つくり方

     長ねぎは縦半分に切り、芯を取り除き、半月切りにする。

    画像1: つくり方

     赤とうがらしは湯に漬けておき、小口切りにする。

     牛肉は一口大に切り、ボウルに入れる、三温糖をまぶしておく。

    画像2: つくり方

     九条ねぎは5mm厚さの斜め切りにする。

     フライパンにごま油、しょうが、赤とうがらしを入れて中火で熱し、香味が立ってきたらをほぐしながら炒める。肉の色が変わったらしょうゆを加えて、火を止め、の長ねぎを加える。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

     土鍋にだし汁を沸かし、酒を入れ、いったん火を切って、水溶き片栗粉を鍋の中をかき混ぜながら入れる。再び火をつけ、とろみが足りなければさらに少し水溶き片栗粉を加える。

    画像6: つくり方

     うどんを入れ、沸いてきたら火を止める。をのせて、上からの九条ねぎをたっぷりのせ、そのまま食卓へ。いただく直前に粉山椒または一味とうがらしをかける。

    画像7: つくり方
    画像8: つくり方

    ゆでうどんのこと

    画像1: ゆでうどんのこと

    食べたいと思ったときにすぐにつくれる便利な「ゆでうどん」。便利さでいうと「冷凍うどん」もありますが、コシが強い冷凍うどんに対して、ゆでうどんの特徴はやわらかさ。モチモチでやわらかいゆでうどんのおいしさを生かした料理に使いましょう。


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司 取材・文/村上有希〉

    画像2: ゆでうどんのこと

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事(天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp

    『おすし』(松田美智子・著)

    『おすし』
    (松田美智子・著/文化出版局刊)

    『おすし』(松田美智子・著/文化出版局刊)

    amazon.co.jp



    本誌プレゼントへのご応募はこちら

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.