• 『天然生活』誌上に、2012年11月号から2014年3月号まで掲載された、人気連載「松田美智子の季節の仕事」。その中から、「いかの塩辛」を取り上げた記事を紹介します。今回は、麴入りの塩辛を使って「塩辛と春菊のパスタ」をつくります。
    (『天然生活』2012年11月号掲載)

    わたは天然の旨味調味料  松田美智子

    塩辛と春菊のパスタ 塩辛の麴入りを使って

    塩辛を加えることで、手間いらずでリッチなソースのでき上がり。パスタとのからみも、ぐっとよくなります。

    画像: 塩辛と春菊のパスタ 塩辛の麴入りを使って

    材料(2人分)

    • パスタ(リングイネ) 140g
    • 春菊 7~8茎
    • 塩 大さじ2
    • 水 2リットル
    • オリーブオイル 大さじ4
    • にんにく(みじん切り) 小さじ1と1/2
    • 塩辛の麴入り 大さじ4~5
    • 白ワイン 大さじ3
    • パスタのゆで汁(5分以上ゆでたもの) 2/3カップ
    • 塩、白こしょう 各少々
    • パルミジャーノ・レッジャーノ(おろしたもの) 適宜

    つくり方

    1. 洗った春菊の葉を軸からはずし、葉は3~4等分に、軸は斜め薄切りにする。ペーパータオルに包み水けを押さえる。
    2. 塩を加えた水を沸騰させ、パスタをゆではじめる。
    3. フライパンにオリーブオイルとにんにくのみじん切りを入れて中火にかけ、香りが立つまで炒め、塩辛の麴入りを加えてさっと火をとおし、白ワインを注ぎ、パスタのゆで汁を加え混ぜ、味をみて塩、白こしょうでととのえる。
    4. アルデンテにゆでたパスタを器に盛り、春菊を散らし、3のパスタソースをかけ、パルミジャーノをふる。

    「いかの塩辛」・松田美智子の季節の仕事へ ⇒
    「小鍋仕立て湯豆腐」・松田美智子の季節の仕事「いかの塩辛」へ ⇒

    <料理/松田美智子 撮影/川村 隆 取材・文/小松宏子>

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった四季の保存食づくりをベースに、現代の生活でも無理なくできる、季節の食の楽しみを提案。

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    This article is a sponsored article by
    ''.