• 『天然生活』誌上に、2012年11月号から2014年3月号まで掲載された、人気連載「松田美智子の季節の仕事」。その中から、すがすがしいゆずの香りをしっかりと閉じ込めた「ゆずの蒸しジャム」を取り上げた記事を紹介します。今回は、ゆずの蒸しジャムを使った「鳥のから揚げ」をつくります。
    (『天然生活』2013年12月号掲載)

    蒸し力で柚の風味が倍増  松田美智子

    とりのから揚げゆず風味 ゆずの蒸しジャムを使って

    揚げもののコク×甘酸っぱさは、酢豚をはじめ、人気の取り合わせ。とりのから揚げに応用すれば、いつもとはひと味違うごちそうメニューに。

    画像: とりのから揚げゆず風味 ゆずの蒸しジャムを使って

    材料(4人分)

    • とりもも肉 2枚
    • A
      • おろしにんにく 小さじ1/2
      • ゆずの蒸しジャム 大さじ2
      • 酒、しょうゆ 各大さじ2
      • こしょう 少々
    • 片栗粉、揚げ油 各適量
    • B
      • ゆずの蒸しジャム 大さじ2
      • 酒 大さじ2

    つくり方

    1. とり肉は皮と余分な脂を除き、筋を数カ所切り、食べやすく切る。
    2. Aを混ぜ合わせて1を入れ、約15分つける。取り出して水けをぬぐい、片栗粉を薄くはたきつけ、中温に熱した油で、からりと揚げる。
    3. 小鍋にBを加えて温めて溶きのばし、2にかける。

    「ゆずの蒸しジャム」・松田美智子の季節の仕事へ ⇒
    「生ハムとゴルゴンゾーラのオープンサンド」・松田美智子の季節の仕事「ゆずの蒸しジャム」へ ⇒

    <料理/松田美智子 撮影/川村 隆 取材・文/小松宏子>

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった四季の保存食づくりをベースに、現代の生活でも無理なくできる、季節の食の楽しみを提案。

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    This article is a sponsored article by
    ''.