• 『天然生活』誌上に、2012年11月号から2014年3月号まで掲載された、人気連載「松田美智子の季節の仕事」。その中から、「ポン酢」を取り上げた記事を紹介します。今回は、ポン酢で食べる「とり団子鍋」を。
    (『天然生活』2014年1月号掲載)

    松田のポン酢は薬味いらず  松田美智子

    ふわふわとり団子鍋

    ポン酢を使って

    とり肉は火が入るときに締まるので、あらかじめ、とりひき肉の半量を加熱しておき、直前に生のとりひき肉と混ぜて団子にすることで、ふわふわに。

    材料(4人分)

    • とりひき肉 250g
    • 長ねぎ(みじん切り) 1/2本
    • しょうが(みじん切り) 1片分
    • 水菜 1束
    • 昆布 5cm角1枚
    • 酒 大さじ3+50ml
    • ポン酢 適量

    つくり方

    1. とりひき肉の半量と酒大さじ3を小鍋に入れて中火にかけ、菜箸を3膳ほど使って、混ぜながら、こげないように炊りつける。そのまま粗熱をとばす。
    2. 土鍋か鍋に水1.5リットルと昆布を合わせて1時間おく。
    3. すり鉢に1と残りの生のとりひき肉を入れ、よくすり混ぜる。なめらかに混ざったら長ねぎとしょうがを加えて混ぜる。
    4. 2を煮立て昆布を取り出し、酒50mlを加える。3のとりひき肉を手で握り、指の間から押し出し、スプーンで団子にして鍋の中に落とし、火をとおす。7cm長さに切った水菜も加えてさっと煮、ポン酢で食べる。


    <料理/松田美智子 撮影/川村 隆 取材・文/小松宏子>

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった四季の保存食づくりをベースに、現代の生活でも無理なくできる、季節の食の楽しみを提案。

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    This article is a sponsored article by
    ''.