• 『天然生活』誌上に、2014年8月号から2016年2月号まで掲載された、人気連載「長谷川弓子 季節の魚料理」。その中から、ハレの日にぴったりの「かに」を使った料理を紹介します。今回は、「かにしんじょ碗」をつくります。
    (『天然生活』2016年2月号掲載)

    かに 旬 11〜12月

    画像: かに 旬 11〜12月

    人が集まることの多い年末年始には、ハレの日にぴったりの「かに」を用意して、お料理を楽しみましょう。

    今回は、ゆでたかにを使った「お椀」を紹介します。

    「しんじょ」とは、魚のすり身とかにの身を混ぜて蒸したもの。お椀の中に蒸し上げたしんじょを入れ、温めたすまし汁をよそいます。白髪ねぎをたっぷり盛りつけ、香りのゆずもお忘れなく。

    ハレの日にピッタリのお椀です。

    かにしんじょ碗

    しんじょはラップでくるんで蒸せば、手軽にきれいに仕上がります。蒸したてに温かい汁をかけて、おめでたい席にも。

    画像: かにしんじょ碗

    材料(2~3人分)

    かにの棒肉30g
    白身魚のすり身100g
    大和いも(すりおろす)大さじ1
    卵白小さじ2
    昆布だし大さじ2
    だし450ml
    塩、薄口しょうゆ各小さじ1/2
    しょうがのしぼり汁小さじ1/2
    片栗粉大さじ1/2(同量の水で溶く)
    せり、白髪ねぎ、ゆずの皮各少々

    つくり方

     すり身は、すり鉢でよくすりのばす。そこに、卵白、大和いも、昆布だしを加えてさらにすり、全体的にまとまったら、粗めにほぐしたかにの棒肉を入れて混ぜる。それを6等分にして、ラップの上にのせ、口をひねるようにして締める(輪ゴムで留めるとよい)。蒸気の上がった蒸し器に入れ、ふたをずらして10分ほど蒸す。

     鍋にだしを沸かし、塩と薄口しょうゆで調味し、しょうがのしぼり汁を加え、水溶き片栗粉でとろみをつける。

     器にをのせ、その上にをかけ、4~5cm長さに切ったせりを入れ、白髪ねぎ、ゆずの皮を飾る。



    <料理・スタイリング・文/長谷川弓子 撮影/川村 隆>

    画像: つくり方

    長谷川弓子(はせがわ・ゆみこ)
    東京都出身。料理家、栄養士。明治大学卒業後、社会人経験をしたのち、近茶流宗家・柳原一成氏、柳原尚之氏に師事し、日本料理を学ぶ。現在、聖徳大学短期大学部専任講師として、調理実習等を担当する。とくに好きな魚はあじ。「海に囲まれた国に生まれたからには、ぜひ、魚料理に親しんでいただければ」

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    This article is a sponsored article by
    ''.