• 『天然生活』誌上に、2012年11月号から2014年3月号まで掲載された、人気連載「松田美智子の季節の仕事」。その中から、「ふきのとう」を取り上げた記事を紹介します。今回は、「ふき味噌」を使って「豚肉のグリル」つくります。
    (『天然生活』2013年3月号掲載)

    ふき味噌を使って 豚肉のふき味噌グリル

    豚のうま味の甘味と、ふき味噌のほろ苦味が、実によく合います。ふき味噌をたっぷりぬって焼くことで、豚肉がやわらかくなる利点も。

    画像: ふき味噌を使って 豚肉のふき味噌グリル

    材料(2人分)

    ● 豚肩ロース肉(1.5cm厚さ)2枚
    ● A
    ・酒大さじ2
    ・しょうゆ大さじ1
    ・しょうがのしぼり汁小さじ1
    ● れんこん5cm長さ
    ● ふき味噌大さじ2
    ● オリーブオイル大さじ1
    ● 揚げ油適宜

    つくり方

     豚肉は焼き縮まないよう、脂肪と筋の部分に数カ所、切り込みを入れる。Aを合わせた中に15分漬けて下味をつける。

     れんこんは皮をむいて薄い乱切りにし、水にさらす。ふき味噌にオリーブオイルを加え混ぜる。

     の豚肉の汁けをぬぐい、十分に熱した魚焼きグリルで5分焼き、上にをぬり、さらに5分焼き、火を止める。庫内にそのまま2〜3分置き、余熱で肉汁をまわす。

     れんこんはキッチンペーパーなどで水けを押さえ、さっと素揚げする。

     器に切り分けた豚肉を盛り、れんこんの素揚げを添える。



    <料理/松田美智子 撮影/川村 隆 取材・文/小松宏子>

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった四季の保存食づくりをベースに、現代の生活でも無理なくできる、季節の食の楽しみを提案。

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    This article is a sponsored article by
    ''.