• 『天然生活』誌上に、2012年11月号から2014年3月号まで掲載された、人気連載「松田美智子の季節の仕事」。その中から、「干し豚」を取り上げた記事を紹介します。今回は、干し豚とキャベツを使って炒めものをつくります。
    (『天然生活』2014年3月号掲載)

    塩の力は偉大なり  松田美智子

    干し豚を使って 干し豚とキャベツの炒めもの

    干し豚から出た脂のうま味をじっくり吸わせることで、しんなりと蒸し焼きになった、キャベツのおいしさは抜群。

    画像: 干し豚を使って 干し豚とキャベツの炒めもの

    材料(2人分)

    ● 干し豚薄切り10枚
    ● キャベツ1/4個
    ● 白こしょう少々

    つくり方

     キャベツはほぐして軸をのぞき、大きめにちぎる。キャベツの軸は縦に薄切りにする。

     フライパンを中火で熱し、干し豚を広げ、ゆっくり脂を出す。キャベツを加えて大きく混ぜ合わせ、ふたをして少し蒸らし、さっと混ぜて白こしょうをふって仕上げる。



    <料理/松田美智子 撮影/川村 隆 取材・文/小松宏子>

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった四季の保存食づくりをベースに、現代の生活でも無理なくできる、季節の食の楽しみを提案。

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    This article is a sponsored article by
    ''.