• 『天然生活』誌上に、2014年8月号から2016年2月号まで掲載された、人気連載「長谷川弓子 季節の魚料理」。その中から、桜の咲く時季に旬を迎える「鯛」を使った料理を紹介します。今回は、赤酢の酸味を効かせた、さわやかな「鯛の酒蒸し」をつくります。
    (『天然生活』2015年5月号掲載)

    鯛 旬 3~6月

    画像: 鯛 旬 3~6月

    鯛は、艶やかな桃色に包まれた姿の美しさとともに、さわやかなおいしさで、だれをも魅了します。一年を通じておいしい魚として知られていますが、桜の咲く時季にとれる「桜鯛」はまた格別。

    今回の一品は、酒蒸しです。切り身の鯛を、調味料と香味野菜と一緒に蒸すだけの簡単料理。蒸し器を使わずに、電子レンジで耐熱皿にラップをし、5分ほど加熱してもおいしくつくれます。

    鯛の簡単酒蒸しのつくり方

    とっても簡単なおすすめの一品。酢味の効いた、さわやかな酒蒸し。あつあつの蒸し汁を上からかけて、どうぞ。

    画像: 鯛の簡単酒蒸しのつくり方

    材料(2人分)

    ● 鯛の切り身2切れ
    ● しょうが1片(10g程度)
    ● A
    ・酒大さじ3
    ・しょうゆ小さじ2
    ・赤酢、または酢小さじ1
    ・みりん小さじ2
    ● せり1~2本
    ● 昆布5cm角1枚
    ● 長ねぎ(芯をのぞいて縦にせん切りにして水にさらし、白髪ねぎにする)5cm分
    ● 一味とうがらし(好みで)少々

    つくり方

     鯛は身が縮まないように皮目に軽く切り目を入れ、両面に薄く塩少々(分量外)をふり、5分ほどおく。※ 気になる場合は、小骨を抜いておく。

     しょうがは皮をむき、薄切りにする。せりは4~5cm長さに切る。

     耐熱皿に、のしょうがとせりの軸の部分、昆布、合わせたAを入れ、その上にをのせ、湯気の立った蒸し器で6~7分蒸す。

     蒸し上がったら器に移し、せりの葉と白髪ねぎを飾り、蒸し汁を上からかける。好みで一味とうがらしをふる。柑橘類をしぼって食べてもよい。



    <料理・スタイリング・文/長谷川弓子 撮影/川村 隆>

    画像: つくり方

    長谷川弓子(はせがわ・ゆみこ)
    東京都出身。料理家、栄養士。明治大学卒業後、社会人経験をしたのち、近茶流宗家・柳原一成氏、柳原尚之氏に師事し、日本料理を学ぶ。現在、聖徳大学短期大学部専任講師として、調理実習等を担当する。とくに好きな魚はあじ。「海に囲まれた国に生まれたからには、ぜひ、魚料理に親しんでいただければ」

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    This article is a sponsored article by
    ''.