• 『天然生活』誌上に、2014年8月号から2016年2月号まで掲載された、人気連載「長谷川弓子 季節の魚料理」。その中から、桜の咲く時季に旬を迎える「鯛」を使った料理を紹介します。今回は、切り身を使って、手軽に「鯛めし」をつくります。
    (『天然生活』2015年5月号掲載)

    鯛 旬 3~6月

    画像: 鯛 旬 3~6月

    鯛は、艶やかな桃色に包まれた姿の美しさとともに、さわやかなおいしさで、だれをも魅了します。一年を通じておいしい魚として知られていますが、桜の咲く時季にとれる「桜鯛」はまた格別。

    切り身の鯛に塩をふり、焼いてから、しょうがと一緒に炊く鯛めし。炊き上がったら小骨を外し、鯛の身を、ごはんと混ぜます。口に運んだ瞬間に、表情がつい、笑顔になります。

    鯛めしのつくり方

    切り身を使って手軽に鯛めしを。写真は土鍋ですが、炊飯器でもおいしくつくれます。

    画像: 鯛めしのつくり方

    材料(2人分)

    ● 米1.5合
    ● 鯛の切り身1切れ
    ● しょうが20g
    ● 昆布5cm角2枚
    ● A
    ・淡口しょうゆ大さじ1/2
    ・しょうゆ大さじ1/2
    ・酒大さじ2
    ・みりん小さじ1
    ● 万能ねぎ2~3本

    つくり方

     米をといでざるにあげ、30分ほどおく。

     しょうがは皮をむき、せん切りにする。

     鯛は両面に薄く塩少々(分量外)をふり、皮目に切り目を入れ、グリルで焼く。

     炊飯器の中にの米を入れ、Aの調味料、1.5合の目盛りまで水を加えてひと混ぜし、と昆布をのせて、普通に炊く。 ※ 土鍋で炊く場合は、水の分量は275mlにする。

     炊き上がったら昆布を取り出し、鯛の骨を手で外し、しゃもじで鯛の皮を切りながら、身をほぐすように混ぜる。小口切りにした万能ねぎを散らす。



    <料理・スタイリング・文/長谷川弓子 撮影/川村 隆>

    画像: つくり方

    長谷川弓子(はせがわ・ゆみこ)
    東京都出身。料理家、栄養士。明治大学卒業後、社会人経験をしたのち、近茶流宗家・柳原一成氏、柳原尚之氏に師事し、日本料理を学ぶ。現在、聖徳大学短期大学部専任講師として、調理実習等を担当する。とくに好きな魚はあじ。「海に囲まれた国に生まれたからには、ぜひ、魚料理に親しんでいただければ」」

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです

    ※ ※ ※

    天然生活の本『季節の魚料理』(長谷川弓子・著)
    天然生活の本
    『季節の魚料理』(長谷川弓子・著)

    天然生活の本『季節の魚料理』(長谷川弓子・著)

    A5判
    定価:本体 1,700円+税
    ISBN978-4-594-08464-6

    今月号のプレゼントを見る


    お得な定期購読はこちらを

    This article is a sponsored article by
    ''.