• 昔から、大切に受け継がれてきた、四季折々の家仕事は、理にかなった、先人たちの知恵の結晶です。今回は、春、一番早く、芽を出す山菜「ふきのとう」を使った、「ふき味噌」のつくり方を、料理研究家の橋本加名子さんに教わります。
    『家仕事ごよみ』より

    ふき味噌 二月から三月

    春、一番早く、雪国であれば、降り積もった雪の中からちょこんと芽を出す山菜が、ふきのとう。

    コロコロと太っていて、つやのあるものが新鮮で、まだ開ききらないつぼみのような形のものが美味とされます。

    天ぷらでいただくのはもちろんおいしいのですが、その特有のほろ苦さを生かしてつくる、ふき味噌も覚えておきたい一品です。

    「ふきのとうは切るとすぐ変色してしまいます。キレイな緑色を保つには、すぐに水にさらして、あく抜きをするのが大切。炒めるときも短時間でさっと仕上げましょう。また、味噌の種類を赤味噌に替えたり、とうがらしを加えたりと、アレンジを楽しむのもおすすめ。ごはんのおかずにもってこいですよ」(橋本加名子さん)

    用意するもの(つくりやすい分量)

    ● ふきのとう80g
    ● サラダ油大さじ1
    ● A
    ・味噌大さじ3(60g)
    ・三温糖大さじ1
    ・酒大さじ1/2
    ・みりん大さじ1/2

    つくり方

     ふきのとうの外皮を1〜2枚むき、1cm角くらいの粗みじんにする。切ったらすぐに水を張ったボウルに入れる。

    画像1: つくり方

     をさらに流水で洗い、水けをしぼる。油を熱したフライパンに入れ、強めの中火で炒める。油がまわったらAを入れ、全体をよくからめる。

    画像2: つくり方

     でき上がり。

    画像3: つくり方

    <文/野上郁子(オフィスhana) イラスト/赤井稚佳>

    橋本加名子(はしもと・かなこ)
    料理研究家、フードコーディネーター、食プロデューサーとしてジャンルを問わない食の提案をしている。著書に、日本の旬を大切にていねいにつくる和食を紹介する『にほんの食ごよみ』(アスキー)などがある。


    This article is a sponsored article by
    ''.