• 『天然生活』誌上に、2014年8月号から2016年2月号まで掲載された、人気連載「長谷川弓子 季節の魚料理」。その中から「まぐろ」を使った料理を紹介します。今回は、まるで魚肉とは思えない深い味わいの「まぐろのレアステーキ」をつくります。
    (『天然生活』2015年6月号掲載)

    まぐろ 旬 3~6月

    画像: まぐろ 旬 3~6月

    ものの本では、春から初夏にかけてが旬というまぐろ。でも、家庭では一年を通じていただくことの多い魚として、とても人気がありますね。

    「季節の魚料理」では、まぐろの赤身を使い、刺し身用のさくを、生ではなくて、ひと手間加えて料理をしてみました。

    今回は、しょうゆに漬けたまぐろを、表面に焼き目をつけてローストビーフのように仕上げたレアステーキ。ごまのソースとも好相性です。

    冷まして薄いそぎ切りにすると食べやすいですが、あつあつを厚めに切っても食べごたえがあります。

    まぐろのレアステーキ ごまソースがけ

    まるで魚肉とは思えない深い味わい。ごまソースをかけて、野菜と一緒に、バランスよくいただきます。

    画像1: まぐろのレアステーキ ごまソースがけ

    材料(2人分)

    ● まぐろ(刺し身用)1さく(200g)
    ● A
    ・しょうゆ大さじ2
    ・にんにくのすりおろし1片分
    ● 新玉ねぎ1/2個
    ● アスパラガス1本
    ● ミニトマト(黄)2個
    ● ミディトマト(赤)1個
    ● あればイタリアンパセリ少々
    ● 〈ごまソース〉
    ・白ごま大さじ3
    ・砂糖、しょうゆ各小さじ1
    ・酢大さじ1と1/2
    ・梅酒小さじ1/2
    ・オリーブオイル少々

    つくり方

     Aをバットなどで合わせ、まぐろを20分ほど漬ける。

     新玉ねぎは薄切りにし、塩少々(分量外)を全体にまぶす。しんなりしたら、ふきんやキッチンペーパーなどに包んで流水の下でもみ洗いをして水けをきる。アスパラガスは熱湯に塩ひとつまみ(分量外)を入れた中でゆで、5cm幅の斜め切りにする。トマトはそれぞれ薄い輪切りにする。

     フライパンにオリーブオイル少々(分量外)を加えて熱し、の表面に焼き目がつくまで焼く。キッチンペーパーかふきんに包み、冷蔵庫で冷やす。※冷ますことで、包丁で切りやすくなる。

    画像: 油をひいたフライパンで、表面に焼き目をつける。しょうゆをからませているので、こがさないように気をつける

    油をひいたフライパンで、表面に焼き目をつける。しょうゆをからませているので、こがさないように気をつける

     ごまソースをつくる。ごまは、香りが出るまで軽く炒り、熱いうちにすり鉢でよくすりつぶし、その他の調味料を加えて混ぜる。

     を4〜5mm幅のそぎ切りにする。器に新玉ねぎをのせ、その上にまぐろと他の野菜を盛りつける。ごまソースをかけていただく。



    <料理・スタイリング・文/長谷川弓子 撮影/川村 隆>

    画像2: まぐろのレアステーキ ごまソースがけ

    長谷川弓子(はせがわ・ゆみこ)
    東京都出身。料理家、栄養士。明治大学卒業後、社会人経験をしたのち、近茶流宗家・柳原一成氏、柳原尚之氏に師事し、日本料理を学ぶ。現在、聖徳大学短期大学部専任講師として、調理実習等を担当する。とくに好きな魚はあじ。「海に囲まれた国に生まれたからには、ぜひ、魚料理に親しんでいただければ」

    ※記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    This article is a sponsored article by
    ''.