• スペインの女子修道院では、中世のころからお菓子がつくられています。熱心な修道女たちの手によって、吟味され、完成していったレシピは、何世紀もの間、それぞれの修道院に受け継がれてきました。スペイン・マドリードで14年間暮らし、「修道女のお菓子」を求めて各地の修道院を訪ね歩いた、料理家の丸山久美さんに、素朴でしみじみおいしい、スペイン修道院のお菓子レシピを教えていただきます。今回は、伝統的な「Brazo de gitano(ロールケーキ)」のつくり方を。
    (『修道院のお菓子』より)

    スペインでは「ジプシーの腕(Brazo de gitano)」と呼ばれているロールケーキ。

    中世に修道士がエジプトからもたらしたもので、もともとは「エジプト人の腕」と呼ばれていたとか。

    表面にクリームを覆ってコテで焼き目をつけることもあります。

    Brazo de gitano(ロールケーキ)のつくり方

    画像: Brazo de gitano(ロールケーキ)のつくり方

    材料(30×32cmの天板 1本分)

    〈生地〉
    ・薄力粉50g
    ・卵(Lサイズ)2個
    ・グラニュー糖60g
    〈クリーム〉
    ・牛乳大さじ2
    ・板ゼラチン3枚(約4.5g)
    ・生クリーム400ml
    ・グラニュー糖大さじ6
    〈仕上げ〉
    ・粉砂糖適量

    つくり方

     生地をつくる。卵は室温にもどす。薄力粉はふるう。オーブンは180℃に温めておく。

     ボウルに卵、グラニュー糖を入れ、もったりとするまでハンドミキサー(または泡立て器)で混ぜる。薄力粉を少しずつ加えてさっくりと混ぜる。

     天板に大きめのオーブン用シートを敷き、の生地を入れる。180℃のオーブンで10分焼く。シートをそっとはがし、乾いたふきんに移して冷ます。

     クリームをつくる。板ゼラチンは水でふやかす。牛乳を温め、水けをきったゼラチンを入れて溶かし、粗熱をとる。

     生クリームにグラニュー糖を加えながら、ハンドミキサー(または泡立て器)で六分立てくらいになるまで、泡立てる。を加えてさらに混ぜる。

     の生地は焼き目を上にしての半分量をぬり、残りのを手前1/3部分にこんもりとのせ、くるりと巻く。ラップにくるみ、冷蔵庫で1時間ほど冷やしてなじませる。

     仕上げに粉砂糖をふり、切り分けていただく。


    <撮影/清水奈緒 スタイリング/大谷マキ>

    画像: つくり方

    丸山久美(まるやま・くみ)
    料理家。東京生まれ。スペイン家庭料理教室「Mi Mesa」主宰。アメリカ留学後、ツアーコンダクターとして世界各地をまわる。1986年からスペインのマドリードに14年滞在。現地の料理教室に通いながら、家庭料理を学ぶ。この間に、修道院めぐりを始める。帰国後、スペインの家庭料理をベースにしたレシピを紹介。著書に『家庭でつくれるスペイン料理』(河出書房新社)、『週末はパエリャ名人』(文化出版局)、『ひんやりスープ』(誠文堂新光社)など。2020年2月に『修道院のお菓子』が扶桑社より復刊。
    https://www.k-maruyama.com/

    天然生活の本『修道院のお菓子』(丸山久美・著)

    天然生活の本
    『修道院のお菓子』(丸山久美・著)

    素朴でかわいい修道院のお菓子、50品

    天然生活の本『修道院のお菓子』(丸山久美・著)

    B5判
    定価:本体 1,400円+税
    ISBN978-4-594-08410-3


    This article is a sponsored article by
    ''.