• メインにはいろいろ手をかけるものの、ついワンパターンになりがちなお弁当の脇役おかず。シンプルな基本のレシピから、簡単にアレンジできる4つのパターンを、瀬戸口しおりさんに教えていただきました。今回は、「ごぼうのきんぴら」を。
    (『天然生活』2014年5月号掲載)
    画像: お弁当の「ごぼうのきんぴら」基本レシピと4つのアレンジ|お弁当の脇役おかず

    お弁当のごぼうのきんぴら

    「ごぼうのきんぴら」の基本レシピ

    お弁当のおかずとしては珍しく、きんぴらはかなり太めに。大きく切ると食べごたえがあるから、満足感があるのです。

    画像: 「ごぼうのきんぴら」の基本レシピ

    材料(つくりやすい分量)

    ● ごぼう1本(200g)
    ● 砂糖小さじ2塩 少々
    ● しょうゆ大さじ2/3
    ● 菜種油大さじ1/2

    ひと工夫
    ごぼうのきんぴらには、粉山椒、赤とうがらし、カレー粉などを加えても。日にちがたったら、混ぜごはんやチャーハンに使うのもおすすめ。

    つくり方

     ごぼうは縦半分に切り、7mm幅の斜め切りにして水にさっとさらす。ざるにあげて、よく水けをきる。

     鍋を中火にかけ、菜種油をひき、ごぼうを炒める。全体に油がまわったら、砂糖、塩、しょうゆを加え、水分をとばすように炒める。

    *保存期間は3~4日。きんぴらは、にんじん、れんこんでもおいしくつくれる。

    アレンジ①
    「ごぼうのきんぴら」のバルサミコ、ベーコン炒め

    ベーコンのうま味ある脂をまとわせて、バルサミコ酢の風味を足せば、洋風に。

    画像: アレンジ① 「ごぼうのきんぴら」のバルサミコ、ベーコン炒め

    材料とつくり方(2人分)

    フライパンに1cm幅に切ったベーコン1~2枚を入れて中火にかけ、脂が出てきて焼き目がついてきたら、ごぼうのきんぴら50g、バルサミコ酢小さじ1強を加え、よく炒める。

    アレンジ②
    「ごぼうのきんぴら」のじゃこ炒め

    何に足してもおいしいじゃこは、もちろん、きんぴらとも相性◎。

    画像: アレンジ② 「ごぼうのきんぴら」のじゃこ炒め

    材料とつくり方(2人分)

    フライパンにサラダ油小さじ1/2を熱し、ごぼうのきんぴら50gとちりめんじゃこ大さじ1強を炒め合わせる。

    アレンジ③
    「ごぼうのきんぴら」の梅干しあえ

    フライパンも使わずに、ボウルであえるだけ。ごま油で、梅干しの酸味がマイルドに。

    画像: アレンジ③ 「ごぼうのきんぴら」の梅干しあえ

    材料とつくり方(2人分)

    ボウルにごぼうのきんぴら50gと種を取り除いてたたいた梅干し1/2個を入れて混ぜ合わせ、仕上げにごま油少々を加え、さっと混ぜる。

    アレンジ④
    「ごぼうのきんぴら」のフライ

    ほっくり揚がったごぼうは、新鮮なおいしさ。太めのきんぴらだからこその、アレンジです。

    画像1: アレンジ④ 「ごぼうのきんぴら」のフライ

    材料とつくり方(2人分)

     ボウルに薄力粉大さじ1と水大さじ1/2を入れて混ぜ、ごぼうのきんぴら6枚を入れて衣をつける。

     パン粉大さじ2をまぶし、170℃の油でからりと揚げる。

    ※ ※ ※

    紹介していただいたのは、そのほとんどが、瀬戸口さんの食卓に、日々、並んでいるおかず。少し違うのは、いつもより水分を意識して取り除くこと、切り方を小さめにしていること。さらに、アレンジおかずに関しては、ほんの少しだけ味つけを濃いめにしていることくらいです。

    「基本のレシピに関しては、そのままでもおいしく食べられる、ぎりぎりの味つけにしています。時間のないときは、アレンジどころではないこともありますものね」

    ほぼ完成させておいたおかずは、ただ混ぜるだけ、炒め合わせるだけで、味わいがさまざまに変化します。時間の余裕に合わせて、火を入れるか、ボウルひとつで合わせるだけにするかを決められるのが、ありがたいところ。また、洋風でも和風でもないニュートラルな状態にしておけば、他のおかずとの兼ね合いをみて、その場でバランスをとることができるのも実に便利なのです。

    「たとえば、ごま油をオリーブオイルに替えるだけで、ぐっと洋風になりますし、しょうゆをナンプラーにすれば、一気にエスニック風です。チーズや高菜、梅干しに、ゆずこしょうなどの風味があるものは、少し加えるだけで味に深みが出ますから、簡単にバリエーションがつけられますよ」



    <料理・スタイリング/瀬戸口しおり 撮影/福尾美雪 取材・文/福山雅美 文字/みつ>

    画像2: アレンジ④ 「ごぼうのきんぴら」のフライ

    瀬戸口しおり(せとぐち・しおり)
    野菜本来の味わいを生かした、シンプルでありながら個性あふれるレシピで人気を集める。著書に『わたしの作りおきおかず』(アスペクト)など。

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです


    This article is a sponsored article by
    ''.