• 昔から、大切に受け継がれてきた、四季折々の家仕事は、理にかなった、先人たちの知恵の結晶です。 今回は、夏の最盛期にぜひ試してほしい「桃のジャム」のつくり方を、ステンシル作家で料理研究家のホークスみよしさんに教わります。
    『家仕事ごよみ』より

    桃のジャム 六月から九月

    甘くてジューシーで、桃はちょっと幸せな気持ちになれるフルーツです。最盛期に、お手頃なものが手に入ったら、甘い桃の香りのする大人テイストのジャムを手づくりしましょう。

    「桃は糖度が高いので、糖分は控えめにし、レモン汁で酸味を補い、果肉の舌触りを残して仕上げます。おしゃれなジャムで、とくにクロワッサンといただくのが最高です」(ホークスみよしさん)

    用意するもの(つくりやすい分量)

    ● 桃(皮と種を除いた状態で)400g(約2個分)
    ● 砂糖80g
    ● レモン汁1/4個分

    つくり方

     桃は皮付きのまま、ナイフでくぼみに沿ってぐるりと切り目を入れ、両手でひねってふたつに分ける。種を取り除き、皮をむき、大きめのくし形に切る。

    画像1: つくり方

     鍋にを入れ、水大さじ2(分量外)を入れて中火で15分、煮る。

    画像2: つくり方

     桃がやわらかくなったら、木べらでかき混ぜながら砂糖、レモン汁を加え、約20分、煮る。途中、あくが出たらすくい取る。

    画像3: つくり方

     約15分、煮沸消毒した瓶に入れる。冷めてからふたをして保存する。

    画像4: つくり方

    <文/野上郁子(オフィスhana) イラスト/赤井稚佳>

    ホークスみよし
    ステンシル作家で料理研究家。イギリス、クウェート、湘南での生活のあと、那須に移住。森の自然を題材としたステンシル作品を制作しながら、地元の自然食材を生かしたおいしいレシピも発表している。


    This article is a sponsored article by
    ''.