• 心地よさを大切にするインドの伝統医学、アーユルヴェーダ。オイルやスパイスなど、自然のものを使って、無理なくデトックスできます。まずは、「体質タイプチェックシート」を使って、自分の体質タイプを調べてみましょう。
    (『天然生活』2016年1月号掲載)

    まずは、自分の体質タイプをチェック

    アーユルヴェーダで人の体質を診るときに用いる考え方が、「ドーシャ」という、体内のエネルギー。

    私たちは 風、火、水の3つのタイプ に分けられ、どれが多いかによって、体質の傾向がわかります。

    (Vata:ヴァータ)

    活動的で、情報量も多い。瞬発力はあるが持続力がないので、疲れやすい。不眠にもなりやすいので、こまめに休んだり、ときには、何もしない空白の時間をつくることが大切。

    (Pitta:ピッタ)

    熱血漢。リーダータイプ。使命感が強く、疲労を感じにくいので、意識して休息をとることが大事。ときどき甘いもので体を冷やすのもおすすめ。目の充血や口内炎は、火の乱れ。

    (Kapha:カファ)

    競うことが苦手でマイペース。基本的に体は丈夫だが、体内に未消化物が滞りやすい。とくに春先は鼻が詰まったり気分も塞ぎがち。元気になるには運動が最も効果的。

    いずれかのエネルギーが増えすぎると病気へとつながるため、「疲れやすい『風』の人は、こまめに休むようにする」など、タイプを把握することが体調管理に役立ちます。

    下のチェックシートで まずは自分の体質タイプがどれか、チェック してみましょう。

    自分に当てはまるものをチェックし、合計個数が最も多かったもの が自分の体質タイプ。複合型タイプの人もいます。

    アーユルヴェーダの体質タイプ
    チェックシート

    タイプ

    (ヴァータ)

    (ピッタ)

    (カファ)

    合計

    出生時

    小さめ/虚弱/音に敏感だった

    標準程度/意志が強かった

    大きめ/丈夫/よく寝る赤ちゃんだった

    体格

    痩せがち/体重の増減が激しい

    中肉中背

    ふっくらしている/骨が太くがっちり

    皮膚

    乾燥肌/そばかすが出やすい

    ニキビ肌/ホクロが多い/地黒

    色白でキメが細かい/しっとり肌

    細い/傷みやすい

    柔らかい/若いころから白髪が多い

    太くて丈夫/量が多い

    ひと重まぶた/細い

    目つきが鋭い/充血しやすい

    まつ毛が長く大きい/黒目がち

    手指4本の横幅より狭い

    手指4本の横幅と同じくらい

    手指4本の横幅より広い/丸みがある

    食欲

    ムラがある/不安定

    旺盛/空腹に耐えられない

    安定/一食抜いても平気

    排泄

    便秘がち

    下痢傾向/一日に2度以上行く

    良好

    睡眠

    浅く断続的/眠るのが苦手

    短いが熟睡/頭が冴えて寝つけないことも

    深く長い/長時間寝ないと不調

    動作

    活動的/すぐに実行するタイプ

    計画的/時間に正確/行動にむだがない

    人よりゆっくり/マイペース

    部屋

    ちらかりがち/引っ越しや模様替えが好き

    片づけ上手/物はいつも決まった場所に

    捨てないので物が多い/気にしない

    合計

    タイプ

    (ヴァータ)

    (ピッタ)

    (カファ)

    複数選択も可能です。実際には、チェックシートに加えて脈診や舌診なども合わせて判断するので、ここでは、あくまでも傾向を知るものと考えてください

    ◇ ◇ ◇

    世界三大伝統医学のひとつ、アーユルヴェーダと池田早紀さんが初めて出合ったのは、20歳でインド旅行をしたときのことでした。

    「そのときは、まだ関心も知識もほとんどなくて。たまたま、南インドにある、最も歴史の古いアーユルヴェーダの宿泊型治療施設に泊まったんです」

    そこにあったのは、目の前にインド洋が広がる美しい風景、さわやかな風、緑、おいしい食事。

    『患者を治療する病院なのに、こんなに気持ちいいところだなんて』と驚きました。そのころ、大学で心理学を学んでいたんですが、授業では、体や暮らしにはあまり目を向けず、どこか不十分なのでは……と感じていました。心も体も等しく扱っているアーユルヴェーダを目のあたりにして、『これだ』と思ったんです」

    アーユルヴェーダの考え方では、病のもとになるのは「未消化物」。体に入る食べ物や情報の量が過剰になると、消化しきれず、それが体内に滞ることで、体や心の不調へとつながっていくのです。

    「いかに体に入るものをきちんと消化して、エネルギーに換えられるか。いかに未消化物をためずに、体の外へ出すか。それが大事なことだと考えられています」

    池田さんには、長年、毎日続けている3つの習慣 があります。

    「朝、起きて、最初にするのが、舌のチェック。未消化物は舌に出ることが多いので、舌でその日の体調を確認し、舌みがきでやさしく舌のの掃除をします。そして朝食の支度をしながら、白湯を一杯。白湯には、寝ていた間に失われた水分を補給するほか、消化力を強めたり、体内を浄化して、デトックスしやすくしたりする効果があります。夜は、お風呂の時間に、簡単なオイルマッサージを。それから湯船につかって汗をかき、老廃物を体の外に出します」

    画像: デトックスを促すオイルマッサージ

    デトックスを促すオイルマッサージ

    画像: 毎朝、白湯は欠かさない

    毎朝、白湯は欠かさない

    この3つを続けるうち、胃もたれや肌荒れなど、ちょっとした不調に対応できるようになったり、自分で体の見立てができるようになったりしたそうです。

    「アーユルヴェーダを学んでから、考え方も変わりました。この医学の大きな特徴のひとつは、ひとりひとりの個性をみて、それぞれに合った治療をすること。『万人にこれがいい』というものは存在しません。背が高い、低いなどの体質はもちろん、『のんびり』『せっかち』などの気質も、すべて生まれながらの個性です。人間は根本的にひとりずつ違っていて、その違いで世の中が成り立っています。だから、他人に対して批判的になったり、卑屈になったりしなくなったし、『こうでなければいけない』という思い込みからも解放された 気がします」

    画像: よく用いるスパイス類

    よく用いるスパイス類

    画像: 歯磨き粉などの池田さんのアーユルヴェーダグッズ

    歯磨き粉などの池田さんのアーユルヴェーダグッズ

    画像: 朝、起きてすぐの脈診でも体質チェックができます 女性は右手を使って左手の脈を診る(男性は逆)。一番強く脈を感じたところが自分のタイプで、人さし指、中指、薬指の3本が同じ線上にあるか、同じ圧で押さえているかがポイント。専門家が行うと、過去の病気やけがまでわかるという

    朝、起きてすぐの脈診でも体質チェックができます

    女性は右手を使って左手の脈を診る(男性は逆)。一番強く脈を感じたところが自分のタイプで、人さし指、中指、薬指の3本が同じ線上にあるか、同じ圧で押さえているかがポイント。専門家が行うと、過去の病気やけがまでわかるという



    〈撮影/柳原久子(https://water-fish.co.jp/) 取材・文/嶌 陽子〉

    池田早紀(いけだ・さき)
    アーユルヴェーダカウンセラー&セラピスト。
    HP:http://ayurveda-foryourlife.com/
    ◆ インド国立グジャラート・アーユルヴェーダ大学提携 日本アーユルヴェーダスクール「アーユルヴェーダライフスタイルカウンセラー」 「アーユルヴェーダヒーリング コンサルタント」
    ◆ 米国補完医療大学「Ayurvedic Medicine Practitioner」
    ◆ 中国衛生省認定 中国足部反射区健康法足反射療法士
    大学在学中より3000年以上前からの癒しの原点「アーユルヴェーダ」に携わり 、インド、中国、東南アジア、東欧、北欧など世界各国で研鑽を続ける。ヨーガスタジオ講師、クリニックでのカウンセラー勤務などを経て2009年にセラピストとして独立。Apple表参道、坂本龍一『健康音楽』などイベント、講演会も多数。銀座SISEIDO THE TABLEのレシピ監修。南風食堂・三原寛子先生とのアーユルヴェーダの暮らしと食の教室 "mahat tuning"は今年で6期目を迎える。山形ビエンナーレ2020では参加型のアーユルヴェーダプロジェクトを開催。トリートメントは東京都世田谷区の市中の静かでクラシックな一軒家Atelier Asha 105にて完全予約制。

    ※ 記事中の情報は『天然生活』本誌掲載時のものです



    This article is a sponsored article by
    ''.