• ハーブとスパイスは、味や香りを豊かにするだけでなく、体調にもいい効果をもたらしてくれます。菓子研究家の長田佳子さんが、提案する焼き菓子「カシューナッツとタイムのクッキー」もそのひとつです。
    (『季節を味わう癒しのお菓子』より)

    私のなかのお菓子

    画像1: 私のなかのお菓子

    何も手につかない日―そんなときは、お菓子をつくってみてはどうでしょう。ぼやぼやとした気分でいたとしても、お気に入りのレシピに頼れば、お菓子は静かにあなたにこたえてくれます。材料を計り、混ぜ、型に流し、でき上がりを待つ。

    これはあなただけの実験で、そこには時間という友達が寄り添ってくれる贅沢があります。生地が膨らんでいく様子、焼き上がりが近づくほど漂う香りに、気分は上昇し、期待は部屋をも飛び越えていきます。

    そして最後には、だれかと分け合える素敵なギフトになるのです。

    画像2: 私のなかのお菓子

    カシューナッツとタイムのクッキーのつくり方

    画像: カシューナッツとタイムのクッキーのつくり方

    材料(つくりやすい分量)

    ◎ カシューナッツ40g
    ◎ 米油60g
    ◎ 水10mL
    A
    ◎ 薄力粉150g
    ◎ きび砂糖30g
    ◎ 塩1g
    ◎ タイム(ドライ)1g

    下準備

    カシューナッツは170℃のオーブンで8分ローストする。オーブンを160℃に予熱する。

    つくり方

     カシューナッツをミキサーで細かく砕く。ボウルにAとともに入れ、ゴムべらでまんべんなく混ぜる。

     に米油と水を一度に加え、ひとかたまりになるまでゴムべらで混ぜる。オーブンシートで上下をはさみ、めん棒で25cm四方にのばす。ラップに包んで冷蔵庫で10分休ませる。

     オーブンシートを1枚はずし、3.5×5cm程度のひし形に切り込みを入れ、160℃に熱したオーブンで25分焼く。焼き上がったら、すぐに切り込みに沿って切り分ける。

     

    <撮影/公文美和 スタイリング/千國奈々子 原稿整理/福山雅美> 

    ※本記事は『季節を味わう癒しのお菓子』(扶桑社)からの抜粋です)


    画像: つくり方

    長田佳子(おさだ・かこ)
    菓子研究家。三重県生まれ。オーガニックレストラン、老舗フランス料理店などで修業ののち、2015年に独立。ハーブやスパイスなどを使いながら、人を癒せるような、滋味あふれるお菓子を、日々、研究している。また、雑誌『天然生活』にて、「はじめての、やさしいお菓子」を連載中。


    『季節を味わう癒しのお菓子』(天然生活の本/扶桑社・刊)

    『季節を味わう癒しのお菓子(天然生活の本)』(長田佳子・著/扶桑社・刊)

    foodremedies(フードメディ)の屋号で、心と体にやさしいお菓子を提案する長田佳子さん。「remedies」という言葉には、癒すことや治療する意味があります。季節に寄り添い、ハーブの香りやスパイスの効能をうまく使いながら、体に負担をかけない、やさしいお菓子を提案します。

    季節を味わう癒しのお菓子 (天然生活の本)(長田佳子・著/扶桑社・刊)



    This article is a sponsored article by
    ''.