• エビのスパイスマサラ焼きとは一味ちがった、エビ料理。こちらも、スパイスに漬けておいて、フライパンで焼くだけなので、とても簡単です。バスマティライスとあわせていただいても、おいしいですよ。

    マバニ家の海老料理「エビのスパイス絡め」のつくり方

    画像: マバニ家の海老料理「エビのスパイス絡め」のつくり方

    インドのエビ料理は数え切れないほどあって、どれも本当に美味しく海老をいただけます。

    この料理はエビにスパイスや香味野菜を混ぜてマリネさえしてしまえば、あとは簡単に仕上がります。

    生姜とニンニクはたくさん入れますが、この分量は必須です。

    材料(つくりやすい分量)

    ● エビ(尾・皮・背わたを除く)300g
    ● A
    ・レモン果汁大さじ1
    ・チリパウダー小さじ1
    ・ガラムマサラ小さじ1/2
    ・黒胡椒粗挽き小さじ1/4
    ・生姜、ニンニク(共にすりおろし)各大さじ1
    ・青唐辛子(ヘタを除きみじん切り/辛さにより本数調整)1本〜3本
    ・香菜(みじん切り)大さじ1
    ・塩小さじ1
    ● 植物油大さじ2
    ● マスタードシード小さじ1
    ● クミンシード小さじ1
    ● カレーリーフ(あれば)1枝分
    ● ヒング(あれば)小さじ1/4

    つくり方

     ボウルにエビを入れAを順番に加え混ぜ、そのまま10分ほど取り置く。

    画像1: つくり方

     深型フライパンに油を入れて弱めの中火で温め、マスタードシードを入れ、弾け始めたらクミンシード、あればカレーリーフも加える。

    画像2: つくり方

     マスタードシードの音が静まったら、1 のエビを全て加え、火が通るまで時々混ぜながら加熱する。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方

    もっと本格的に

    辛いのが大丈夫な方はこれにカシミールチリパウダーを小さじ1/2ほど加えると、色も赤く鮮やかになりより本格的な味に仕上がります。

     

    Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.


    〈料理/マバニ・マサコ 撮影/林 紘輝〉

    画像5: つくり方

    マバニ・マサコ
    インド料理・スパイス料理研究家。嫁ぎ先で継承されてきたインドのアーユルヴェーダ的考えを取り入れながら、素朴なスパイス使いと癒される味を日本の家庭に紹介している。著書に『いちから始めるインドカレー』(柴田書店)ほか。新著製作中。Instagramでは日々の料理をUP。

    ◇ ◇ ◇

    オススメのスパイス屋さん

    アンビカベジ&ヴィーガンショップ蔵前
    〒111-0051
    東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス 1F
    営業時間:11:00~20:00
    年中無休(年末年始を除く)
    都営浅草線「蔵前駅」または、都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,レシピ,おいしいもの,マバニ・マサコの本格スパイス料理,マバニ・マサコ,カレー

    This article is a sponsored article by
    ''.