• 一説によると、春は鶏の体調が最もよい季節といわれているので、「春の卵は美味」と聞きます。料理家の松田美智子さんに、卵本来の味が楽しめる、塩なしオムレツのつくり方を教えていただきました。

    塩なしオムレツのつくり方

    画像: 塩なしオムレツのつくり方

    卵の味が感じられる、塩なしのオムレツ。

    お好みでサワークリームを添えて。

    材料(1個分)

    ● 卵3個
    ● バター大さじ1
    ● クレソン適宜
    ● サワークリーム適宜

    つくり方

     ボウルに卵を割り入れ、白いカラザを取る。箸で縦に円を描くように卵をとき、ときどき、白身を切る。空気を含ませるように卵を溶くのがポイント。

    画像1: つくり方

     直径20cmのフライパンを弱火で温め、バターを溶かし、卵液をゆっくり注ぐ。2呼吸ぐらい置いて、スパチュラ等で大きく卵を混ぜる。これを2回繰り返す。

    画像2: つくり方

     向こう側の卵を手前にかぶせ、手前の卵を真ん中に被せるようにして、半熟の状態で卵をフライパンの持ち手の反対側によせ皿に返す。

    画像3: つくり方
    画像4: つくり方
    画像5: つくり方
    画像6: つくり方

     ペーパータオルを上にかぶせ、手で形を整える。

    画像7: つくり方

     器に盛り、好みでサワークリームを添え、クレソン等を添える。

    ポイント
    塩を加えて焼かない方が卵の味が感じられる。塩、こしょうは好みでいただくときに使う。



    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像8: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇
    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    おいしいもの,レシピ,連載,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.