• 露地栽培の春のいちごは小粒で酸味があるのが特徴です。そのまま食べてもよいですし、砂糖を加えてソースやジャムにするのもおすすめ。料理家の松田美智子さんに、白いシュミーズを着た可愛いいちごのつくり方を教えていただきました。

    シュミーズを着たいちご

    画像: シュミーズを着たいちご

    小さな可愛らしいいちごに、ホワイトチョコレートのシュミーズを着せてみました

    酸味と甘味がバランスよく口の中に広がります。

    材料(20個分)

    ● いちご20個
    ● ホワイトチョコレート(細かく切る)約50g

    つくり方

     いちごは、洗って水気を抑える。バットなどにワックスペーパーを敷いておく。

     小鍋にホワイトチョコレートを湯煎にかけ、混ぜながら焦がさないように溶かす。

    画像1: つくり方

     いちごのへたを持って、いちごの半分ぐらいをホワイトチョコレートに浸け、ワックスペーパーに寝かせる。

    画像2: つくり方

     冷蔵庫で1時間冷やし固める。

    画像3: つくり方


    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像4: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇
    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)

    amazon.co.jp



    This article is a sponsored article by
    ''.