• 本格的なスパイス使いを覚えて、健康な体で夏を乗り切りませんか? マバニ・マサコさんに、夏においしい、少し辛味のきいたカレーを教えていただきました。汗をかきながら食べてみてください。

    マバニ家の「ジャガイモと鶏肉のカレー」のつくり方

    画像: マバニ家の「ジャガイモと鶏肉のカレー」のつくり方

    ジャガイモと鶏肉を煮込んだ、ちょっとスパイシーなカレーをご紹介します。

    このカレーを美味しく作るポイントは3つ、

    1 鶏モモ肉を十分に漬け込んでおくこと

    2 玉ネギを十分に炒めること

    3 トマトの水分をきちんと飛ばすこと

    です。

    最後に加える甜菜糖も忘れずに。これはまろやかで奥深い味を引き出します。甜菜糖はきび砂糖でも代用できますが、砂糖を使う場合には分量を少し少なめにしてください。

    チャパティのような薄いパンか、またはバスマティライスと合わせてお召し上がりください。

    材料

    ● 鶏モモ肉(皮をむき、大きめの一口大に切る)400g
    ● A
    ・ヨーグルト大さじ5
    ・ターメリック小さじ1/2
    ・ガラムマサラ小さじ1/2
    ・生姜(すりおろし)大さじ1
    ・ニンニク(すりおろし)大さじ1+1/2
    ● ジャガイモ(メークイーン、皮を剥き大きめに切る)中2個
    ● 植物油大さじ2
    ● B
    ・デジバッタまたはベイリーフ(大きければちぎる)3枚
    ・カシアバークまたはシナモン2cm×3個
    ・グリーンカルダモン5個
    ・クローブ3個
    ● 赤玉ネギ(繊維に沿ってスライス)中3/4個
    ● トマト(みじん切り)中1個
    ● C
    ・カシミールチリパウダー※小さじ1弱〜好みの量
    (※チリパウダーで代用可)(※小さじ1/2〜好みの量)
    ・コリアンダーパウダー小さじ2
    ・クミンパウダー小さじ1
    ● 塩小さじ1〜好みの量
    ● 香菜(みじん切り)大さじ1強
    ● 甜菜糖又はきび砂糖小さじ1/2強
    画像1: 材料
    画像2: 材料

    準備

    <鶏肉>

    鶏肉はAを順番に加えて混ぜて、冷蔵庫に入れて漬け込んでおく。(できれば前日の夜から、短くても数時間漬け込むと鶏肉が柔らかく美味しく仕上がる。)

    画像1: 準備

    <ジャガイモ>

    ジャガイモは、ターメリック小さじ1/4と塩小さじ1/8(共に分量外)を混ぜてすぐに揚げ焼き(油の量は分量外)にして、焼き目をつけておく。(完全に柔らかくする必要はない。)

    画像2: 準備

    つくり方

     厚手の鍋に油とBのホールスパイスを入れ、弱めの中火で温める。 

     カルダモンが膨らんだら、赤玉ネギを加え加熱する。

     赤玉ネギがしんなりし濃い茶色になったら、トマトを加え混ぜながら加熱する。

    画像1: つくり方

     トマトが崩れペースト状になったら、Cを順に加えよく混ぜる。

    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

     スパイスが油とよく馴染んだら、準備した鶏肉も加える。

    画像4: つくり方

     鶏肉が白くなったら、準備したジャガイモ・水400mLも加える。

    画像5: つくり方
    画像6: つくり方

     沸騰したら塩・香菜・甜菜糖を加え混ぜ、蓋をして火を弱め、鶏肉とジャガイモが柔らかくなるまで加熱する。

    美味しく作るために:
    ・カシミールチリパウダーは赤みが強くややマイルドな辛さが特徴です。ない場合には通常のチリパウダーで代用可能ですが、その際には分量を少なめに使ってください。カシミールチリパウダーはネットでも市販されています。
    ・ここでは植物油を使っていますが、あればマスタードオイルを使うとより本格的な味になります。

    時間のない時には:
    ジャガイモを揚げ焼きする時間のない時には、揚げ焼きしなくても作れます。
    その際には、Cを加えるときにターメリック小さじ1/4も加えてください。

     

    Copyright © Masako Mavani All Rights Reserved.


    〈料理/マバニ・マサコ 撮影/林 紘輝〉

    画像7: つくり方

    マバニ・マサコ
    インド料理・スパイス料理研究家。嫁ぎ先で継承されてきたインドのアーユルヴェーダ的考えを取り入れながら、素朴なスパイス使いと癒される味を日本の家庭に紹介している。著書に『いちから始めるインドカレー』(柴田書店)ほか。新著製作中。Instagramでは日々の料理をUP。

    新刊『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理』を発売中。

    * * *

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)|amazon.co.jp

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)

    『西インド料理はおもしろい 食文化とともに味わう、本格カレーとスパイス料理」』(マバニ・マサコ/著)|amazon.co.jp

    amazon.co.jp

    ◇ ◇ ◇

    オススメのスパイス屋さん

    アンビカベジ&ヴィーガンショップ蔵前
    〒111-0051
    東京都台東区蔵前3-19-2 アンビカハウス 1F
    営業時間:11:00~20:00
    年中無休(年末年始を除く)
    都営浅草線「蔵前駅」または、都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,マバニ・マサコの本格スパイス料理,マバニ・マサコ,カレー

    This article is a sponsored article by
    ''.