• 料理家の松田美智子さんに中華風炊き込みごはんのつくり方を教えていただきました。白米にもち米を合わせることによってもちもちとした、食べ応えのある炊き込みご飯に仕上がります。

    中華風炊き込みごはんのつくり方

    材料(つくりやすい分量)

    画像: 材料(つくりやすい分量)

    干しエビと干し椎茸の香りが食欲をそそる。

    ● 白米1と1/2カップ
    ● もち米1/2カップ
    ● A
    ・ ごま油大さじ1
    ・ 生姜(みじん切り)大さじ1
    ● 豚ヒレ肉 (7mm角)150g
    ● B
    ・ 醤油大さじ1
    ・ 紹興酒大さじ2
    ・ こしょう少々
    ● C
    ・ 干し椎茸(水をかけて15分おき、あらみじん切り)2枚
    ・ 干しエビ(あらみじん切り)大さじ2
    ・ 長ねぎ(みじん切り)1/4本分
    ● D
    ・ チキンスープ350mL
    ・ 醤油大さじ2
    ・ 塩小さじ1/2
    ・ 紹興酒大さじ2
    ・ こしょう少々

    つくり方

    画像1: つくり方

     白米はといで10分浸水、15分水切り、もち米を1時間浸水、15分水切りする(新米の場合は、時間を短縮する)。豚肉はBで15分漬け、下味をつける。

    画像2: つくり方
    画像3: つくり方

     土鍋または厚手の鍋に、Aを入れ、中火で炒める。Cを加え、の豚肉を、漬け汁ごと加え、の米を加え、透き通るまで炒め、米に汁気を吸わせるように炒める。

    画像4: つくり方
    画像5: つくり方

     に、Dを加えて蓋をし、強火で炊く。沸騰したら、弱火にして、鍋中の上下を替え、7〜10分炊く。10分蒸らして、混ぜる。

    画像6: つくり方
    画像7: つくり方

    〈料理/松田美智子 撮影/山田 耕司〉

    画像8: つくり方

    松田美智子(まつだ・みちこ)
    日本料理をベースにした家庭料理の教室を1993年より主宰。鎌倉で育った子ども時代から身近だった保存食づくりを基本に、いまの時代に無理なく楽しめる季節の仕事を提案。著書に『丁寧なのに簡単な季節のごはん』(小学館) amazonで見る など。

    ◇ ◇ ◇

    『季節の仕事 (天然生活の本) 』(松田美智子・著)

    『季節の仕事 (天然生活の本)』
    (松田美智子・著/扶桑社刊)

    『季節の仕事(天然生活の本)』(松田美智子・著/扶桑社刊)



    今月号のプレゼントを見る

    お得な定期購読はこちらを
     (富士山マガジンサービス)

    連載,おいしいもの,レシピ,松田美智子の季節の仕事,松田美智子

    This article is a sponsored article by
    ''.